April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

制服交換

mixiの日記からの転載と加筆です。

◆高校生が男女で制服交換 「らしさ」見つめる試み 山梨
http://www.asahi.com/articles/ASGCB53PMGCBUZOB00R.html
昨日つぶやきにも書きましたしTwitterにも書きましたが、こんなことが山梨で。
一晩開けて、ブックマークやら各種メディアに転載されて、いろいろと言われています。
でも私は、やってみたことを高く評価します。これじゃダメだとか言ってる人多いけど、やってみないとわからないじゃない。
まあ、確かに「Sex」ではないですよね。それは身体的な性別。ここでは「Gender」を使うべき……ではあるけど、そういうのもうるさい外野の声でしかなし、次回があるならそのとき改めればいい。
できれば専門家が全体像をコーディネートしてあげたらよかったのかもね、とは思いますけれど、それだって、やってみたからわかったこと、だわ。

例えばこれと同じことが自分の高校時代にあったとしたら、私は参加できたか、ということを考えます。
たぶん、出来なかったように思います。

脳内と身体で性が違う、ということが自分では当たり前で40数年。えっ、他のみんなはそういうこと無いんだ!? って知ったのが思春期頃。違和そのものは小学校からずっとです。
男女の性別ってのは、すぱっと境界線があるわけじゃなくて、真ん中はグラデーションで混ざり合ってるわけ。ただ、それじゃ社会的には困ることがあるから、仮に真ん中に線が引いてある。線というよりは高い壁かもしれないけれど。

だから高校生のときには、すでに私ははっきりと自分の身体に違和感を持っていました。変えられるものならば変えたい。せめて見た目だけでも女子に近づきたい。近づけたい。
でも第二次性徴まっただ中だからアンドロゲンも過剰に出る。どんどん男の身体になっていく。あのときの絶望感が何かしらの達観につながった可能性はあるかもね。
そんな風に自分の身体を憎んでいた頃だから、女装コンテスト出ない? と誘われたりしても、女子の制服が似合わないだろう自分を想像して、余計悲しくなって断ったりしてました。ああいうのって笑いとってなんぼだしな。笑われるのではなく、笑わせるほどの技量も無い。
それが全校の4割ぐらいが参加するイベントだったとしても、……やっぱり自分の脳内女子に納得してもらえるような外見を作ってあげられなくて、絶望が深くなるだけで、本当はそうしたい、そうありたいと思っていても、首を横に振っていたのではないかなあと。

社会人になって、一人で暮らして、少しお金が自由になって、はじめて自分の外見を納得できるような形に変えることができるようになってきました。着たい女性服を着たり、髭の脱毛をしたり、髪をのばしてストレートパーマかけたり。
そういう意味ではまだ途中ですけれど、それでも私の中の女子はそれなりに納得しています。

そう。自分の中の「女子である」という意識が納得するならば、着てる洋服が中途半端でも良いのよ。見た目普通の男子服でも実はレディースである、というだけで私の意識はOKと言ってくれる場合がある。そうやってなだめすかして社会を渡っていくのです。
だから綺麗とか可愛いが最大の目標では無いのです。や、そうであれば一番よいですし、そうありたいとは思いますが。女子にもデブやブスはいるのだ、っていう思い込みが今の私の外見を作っちゃってる気はします。もっと上を目指せよ私。

ろしゅつ

……と言っても、人前でばーーん!みたいな話じゃなくて。

これから夏が近づいてきます。八十八夜です。そうすると、暑いですよね。特に私は暑がりで汗っかきです。
できれば、涼しい衣服がいいです。

でも、露出部分が大きいというのは、それだけ「隠せない」ということです。当たり前のことを言ってますね。
お肌の質感とか、無駄毛の処理残しとか、そういう私のぐーたらな部分も「露出」してしまうのです。
それはおっかないことです。きっかけとしてぼろぼろと露見してしまうかもしれないものね。

そりゃ、お肌を出す以上はきれいにしたいよ。でも、私の身体の中には、真逆のホルモンがだくだく分泌されてて、そいつが無駄毛を生やしたり、お肌をあぶらっぽくしたりしちゃうんだよ。こんにゃろう。

で、結局なるべくお肌を出さない&だけど涼しいゆるふわ系という路線に落ち着くのです。嫌いじゃないけどさ。たまには、どかーんとセクシィ? ね、ね? ど? セクシィ? ってな格好もしたいじゃんかよ。

スーパーなどにお買い物に行きますと、ちょっと気を抜いた格好の奥様方に出会います。
えー、そんな状態でも、スカートはいてきちゃいますか! そうですか。みたいな。
生まれもってスカートをはくものの無防備さに、羨ましいやら複雑な気分になります。
や、真似しないよ? したら大変なことになるもの。うひー。

抜歯ドキュメント

■(グロい表現あります。お気をつけあそばせ)
■予約の時間は13時半。直線距離にしたら10キロも離れていない病院だけれど、一時間前に家を出る。家を出た直後、保険証が切り替わっていることを思い出し、Uターン。すぐに入れ替えておかないから……。
■途中、桜並木が実に見事。いいタイミングでした。
■到着したのは、13時20分ごろ。
■なるべく締め付けない洋服がいい、とのことだったので、春物の7分袖カットソーに、長袖のYシャツを。
■時間をちょっと過ぎて、先生に呼ばれる。大学病院なので、先生も実に若い。多分私よりも年下なんだろうな。でも、こういうのって年齢じゃないし、信頼してお願いするしかない。
■しかし、先生も緊張気味に見える。そうだろうなあ。以前から、何度もこれを抜くのはやっかいだ、と言っておりましたし。
■術前に血圧を計測。シャツの袖をめくったら、カットソーのフリルが見えちゃいました~(笑)
■場所を移動して、覚悟を決める。ベテラン看護婦さんが、あちこち消毒してくれる。
■14時ごろ。麻酔が打たれ、手術スタート。私どうも麻酔が効き難いようで、途中何度も麻酔を追加した。
■当然局部麻酔なので、何をやっているか、の想像がつく。痛みが無いということと、それは別のことだ。
■いきなり歯茎の切開。少しして、歯茎の側面に歯が露出した様子。
■激しい音がして、歯をスライスしていく。多分、ドリルではなく、グラインダのようなものだろうね。焦げ臭い。粉っぽいものが顔にかかるのがわかる。
■アシスタントをしてくれているのは、さらに若い先生たち。やりながら、説明しているのが聞こえる。「ほら、これで歯根が露出したでしょ。ここを割ろう。」
■「まだ切れないな。」 ぎゅうぎゅうと奥歯のさらに奥、あごの骨あたりを掴まれているような感覚。
■出血が激しいようで、何度も小休止する。口に含まされるガーゼがあっという間に重くなる。
■数度に分けてカラランと軽い音がする。あ、今取ったんだな、とわかる。すこーんと抜けたという爽快感はまったくない。
■「あ、まだ歯が残ってるね。掻き出すか。」 うえーん。(T△T)
■局部の麻酔は効いているのだけれど、あごのあたりに重ダルい感じの痛みが。
■何度かコリコリとした音が聞こえた後、「これで全部とれたね」という先生の声。ほっとする。
■口の中に糸が。そうか、切開した歯茎を縫合するらしい。だいぶ痛みが出てきた。
■終わりましたよ、の声が聞こえたときには、もう全身汗びっしょり。椅子が起こされて、顔にかけられたタオルが外されたとき、長いトンネルを抜けたような気分でした。時計を見れば、既に15時過ぎ。1時間もやっていたのか。
■ガーゼが詰め込まれたままなので、しゃべりにくい。若い先生に術後の説明を受ける。
■ちょっとそのまま待っていてね。と言われ、放置される。ぼーっとしてしまったよ。窓の外には、大学の広いキャンパスが見える。サッカーに興じていたりする姿は、自分の学生の頃と同じだ。
■そう考えると、ちょっと怖いかな。私の学生時代なんて、今思えば本当にコドモだったし。ま、でも、文系とは違うかも。
■隣の椅子に、若くて可愛い女性の患者さんが座る。明らかに担当の先生が高揚しているのがわかる(笑)
■ふと、トレイを見ると、私の抜けた歯が、三片に分割されて置かれている。想像よりもはるかに大きく、根っこと思われる部分が長いことに驚く。かなりグロい。数ミリだけ歯茎の上に露出していただけなのに。こんな大きなものが口の奥にあったのか。相当な異物である。氷山の一角とは、まさにこのことよ。
■15分くらいして、先生がやってくる。もう一度椅子を倒して口の中を覗き込む。
■「実はね、途中で、歯茎がV字型に裂けちゃったところがあって、そこ、縫合してあります。」……先生カミングアウトをありがとう……。
■うーん、としばし止まる先生。
■「ごめん。ちょっと縫合が甘かったかも。もう一回やります。」
■せーんーせーいー(涙)  。・°°・(;>_<;)・°°・。
■麻酔はまだ若干効いているので、患部は痛くない。でも、その奥がずきずきと痛んでいて、かなりツライ。
■その状況の中、アシスタントなしで、先生一人が、あれこれ準備して再縫合。これで、ヨシ。しかし、もう相当に激痛。涙が溢れてくる。「急いで院内処方書きますので、すぐに薬飲んでいいですよ。」と。はーやーくー。
■書類をもらいすっとんで行く。こういうときの待ち時間って異様に長く感じる。薬を受け取り、大慌てで飲む。これで楽になるといいな。そこに先生が通りがかる。「あー、先生~、今薬飲みました。」と私が言うと「うん。そうそう、説明したけど、うがいはあんまりしちゃだめだよ。ガーゼを咬んでいるのが一番。ガーゼあげたよね?」
■「せんせーい。もらっていませーん(涙)」
■とまあ、最後ばたばたとしてしまったけれど、書類を会計に出している間に、痛みは治まってきた。ふう。
■帰る前にトイレに寄っておこう、とトイレに入り、鏡を見て、びっくりした。
■顔。血の跡がてんてんと……。しかも、既に腫れ始めていて、なおかつ麻酔で口がうまく閉じられないから、口の端から血が垂れている。診察台に座るときに邪魔だからと、髪のゴムを外したので、今髪は下りた状態。
貞子っすか、私(涙)
■車に乗り込み、家に向かう。面白いように顔が腫れてきたんですけれど~、これはまあ予定のうちだ。
■帰宅後、さすがに何もする気が起きず、布団に横になる。気づいたらぐーすか寝ていたのは、まあよし。
■起きてびっくり。シーツがぁ、真っ赤ですよう。腫れて閉じない口の端から、血が垂れていたようです。
■で、これを書いている現在、痛みはあまり無いです。けど、大きな飴玉が口の中にあるみたいに、顔が腫れております。まだ怖くて、患部を舌で触ってみたりしていないです。
■術後の様子を見るために、明日も歯医者です。