November 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« December 2017 | Main | May 2018 »

この女装コミックがすごかったね!2017年版 追補と雑記

明けましておめでとうございます!
って、もうお正月気分も終わりかしら……。

珍しく前回の投稿からあまり間をあけずにエントリを起こしたのは、前回の記事の追補があるからです。というか、記事投稿直後から載せ忘れた本をいくつか見つけてしまって……。
というわけで、3冊の追加です。

◆胡原おみ 「しろねこ荘のタカコ姐さん1」 少年画報社ねこぱんちコミックス

オネエのタカコさんの周りに集まるしろねこ荘の面々の群像劇。中心にいるのはタカコさんのように見えて、実はその飼い猫の「いちご」なのは、掲載誌がねこまんが誌だからなのね。
帯にしつこいほど「オネエ」って書いてたのでちょっとどういう扱いなのかなあと気になったんだけど、作品はそのあたりマイルドだしまとまっててよい感じでした。タカコさんが常に女装しているけれど、6話目にゴスロリ女装の少年が登場します。

◆山口つばさ 「ブルーピリオド1」 講談社アフタヌーンKC

美術をテーマにした熱い物語。美術の先生が実に良い感じ。サンプルで1話を読んだとき、あ、この先生好きだな、と買うことを決めました。
ユカちゃんと呼ばれる女装っ子が登場します。スカート履いてるけど学ランだったり。まだ来歴は全然語られてないけれど、主人公と同じ予備校通ってるし、これからキーになっていくのかな。

◆谷村まりか(原作:ちー) 「ミスキャスト!1」  竹書房

女の子の声優としてデビューした男の子。今のところ良い感じの声優業界モノって感じだけど、これから「人気が出た頃に男とバレる」とかそういうイベントが待っているのかしら。そういうのはもういいから、って思っちゃうなあ。そのへんさらっと流してライバルとの切磋琢磨やチート的な能力でぐいぐい登っていくシンデレラストーリーが読みたいです。

……他にもいくつか見落としがあるかもしれません。また思い出したら追加します。

ところで、せっかくエントリを起こしたので、トランス的話題を追加で。

◆密かにブログなどを追いかけていた、山梨のご当地アイドル「FUJI SAKURA塾」。こちらにスカート履いて女の子としても前面に出ていた男の子がいます。
http://fujisakurajyuku.com/profile/
一番上の、ななむくんですね。ただ、成長期を迎えてもう女装は厳しいかな、といった感じ。過去の写真などを見るとホント可愛くて完全に女の子の中に馴染んでる感じがとても良かったのですが。
本人の性自認は普通に男性のようですし、残念だけど見送ってあげるのがよいのかなと思います。秋月涼くんのように。
公式ブログは昨年の9月で更新止まってるのがちょっと気になります。ってか、メンバーそれぞれが記事書くならカテゴリわけとかしてくれよー。運営が素人っぽいなーって思ってしまうわ。

◆ご当地といえば、千葉のご当地ヒーロー「房州電撃!ライデンマル」に気になる子がいます。
http://raidenmaru.com/boshu01.php
こちらの「アサガオ」はスカート履いてて女子キャラですが、設定は男の子が変身しているんですね。実際のスーツアクターは女の子なのが若干残念ですが(笑) でも可愛いし、こういう設定が普通に馴染んでるのはおもしろいなーって思います。

◆なんとなく少年女装の話題が続いたので、もう一つ。
https://www.instagram.com/queenlactatia/?hl=ja
こちらのインスタアカウントは、世界最年少と言われたドラァグクィーンの少年のもの。現時点では上のほうにスケボーやってるいかにも少年らしい画像がありますが、下に行きますと……。
8歳のときからキャリアをスタートさせていますので、ものすごく顔も変わっていくのだろうけれど、眼力のあるシャープな感じの大人の女っぽい写真もあるし、いいわ……。

◆NHKにて
「女子的生活」なるドラマが放送されています。
http://www.nhk.or.jp/drama10/joshiteki/
実家にいたときに一話だけちょっと見ましたが、トランス女子を演じる俳優さんは実にいい感じだなーと思いましたわ。最初の予告のとき、なんだ女性が演じるのかって思ったくらいには。
お話としてはちゃんと追いかけていないので、今後どうなるやら。一応録画セットはしてあるので、見られるかもですが、数ヶ月後になるなー。

◆とまあ
変わらずにそういうトランスな話題をちまちま見てはおります。たまに書くと脳内まとまっていいですね。

« December 2017 | Main | May 2018 »