April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 制服交換 | Main | この女装コミックがすごかったね!2014年版【一般作品その2】 »

この女装コミックがすごかったね!2014年版【一般作品その1】

女装・男の娘漫画の風は止まった。
ならばどうすればいい? 

そう、自分のオールで漕ぎ出せばいい。

……などと意味のわからない熱いことを言ってますが、毎年恒例いつもの女装作品まとめです。
専門誌がなくなってからは、それをまとめた単行本もペースががたっと落ちて、刊行点数もかなり減りました。
ですので、今年は、3回にわけてお送りしたいと思います。

成年コミックは最後にとっておいて、一般作品を。著者のあいうえお順で二分割です。

◆あまゆみ 「シンメトリカル パラドックス」 竹書房 バンブーコミックス COLORFUL SELECT

双子の姉の代わりに女子大の寮に入ることになって、でもそこには男性恐怖症の親友がいて……という王道パターン。成年マークはついていませんが、男女のえっちなシーンを楽しむための作品ですね。


◆池ジュン子 「水玉ハニーボーイ」1巻 白泉社 花とゆめCOMICS

オネエの波は少女漫画にもやってきた。オネエ系男子高生と侍系女子高生とのラブコメ。
伝統的ジェンダーロールをひっくり返すというプロット上、どうしたって古い価値観が顔を出したりはします。けれど、基本的に愛に満ちていますし、今後の展開に期待して流してみましょ。
オネエ、アリですわよ。新しいイケメンの形かもしれない。


◆石川 雅之 「もやしもん」13巻 講談社 講談社キャラクターズA

大人気農大コミック、もやしもんが完結しました。もちろん、ゴスロリ女装の結城蛍くんも活躍いたしますよ。ショートカットでも可愛いんだもの、こんにゃろう。
あ、ちょっとだけ私の中のBL脳がたぎる展開もございました。うふふふ。


◆位置原光Z 「アナーキー・イン・ザ・JK」 集英社 ヤングジャンプコミックス


会話こそが物語の根幹である、という信念を持って作られている……のかどうかはわかりませんが、飛び抜けて個性的な面々がうだうだと会話を繰り広げる姿は現代的であり、リアルな女子高生的であります。
まったく何の説明も無く単眼キャラが登場しているあたり、ある意味バリアフリーな世界です。そこに女装男子(ドM)も登場します。そういえば私、単眼キャラにはまったのはこの作品が最初でした。踊る吉川っちが可愛くてな。


◆上田 キク 「コス・クチュール」 幻冬舎 バーズコミックス

女装男子によるお裁縫指南コスプレコミック。実際ギャザーの寄せ方とかリアルなお裁縫シーンがあって、ハウツウとしても読める作り。リアルドレスづくりをマンガの中で説明し始めたらそれこそページ数足りないので、ヘッドドレスなどから始まってるけど、でもスタートはそこだよね。 女装男子が主人公ではあるものの、女装シーンは少なめ。今後増えるでしょうか。


◆木尾 士目 「げんしけん二代目」 講談社 アフタヌーンKC

七(16巻)と八(17巻)が出ました。斑目ハーレム編ですね。波戸ちゃんもまた無事に(?)女装に戻ってきてくれて私は嬉しい。そして、ガチンコのBL展開……なんだろうか、これは。アフタヌーンでも追いかけて読むほどに気に入ってる作品ですが、単行本の描きおろしが多いのも魅力。そしてそこに案外重要な情報が描かれていたりして……。


◆木々 「ラヴ ミー テンダー」8巻 幻冬舎 バーズコミックス ガールズコレクション

「せんせいのお時間」が終了した今、最もクィアなコメディ作品であると私は思っています。登場人物のほぼすべてが何かしらのねじれをもって恋愛をしている。そしてこの8巻で、ようやく、とも言うべき大きな動きが現れます。
ずっとずっと大好きな作品でしたので、終わりに向かっているようでちょっと寂しくもあるのですけれど。ミカちゃんやナオのファッションを真似っ子したくなるほどに私にはお手本でさえある一冊です。


◆楠見らんま 「いとをかし」3巻 竹書房

3巻にて完結。黒髪和風な女装少年も登場します。もう少し続いてもよかったんじゃないの、と思ったのですが雑誌がなくなったのですね。世知辛い。私、「伊藤菓子」という店名と作品名が結びついて「ああ!」ってなったの最近なんですよね……。そんな程度の観察眼でございます。ほのかにほのかに香るラブの要素は、そこで終わっちゃうの?


◆車谷 晴子 「なのに、ボクはイヤといえない」2巻 小学館 サンデーGXコミックス

待望の二巻。裏表紙に「ね、ここ、女の子みたいになったでしょ?」の文字が。女装クラスタのみならず一部好事家に衝撃をもって受け入れられた「タック」がここでも登場です。それにしてもインモラルな作品です。可愛い図柄で他のどの作品よりもディープな世界を描いています。


◆コバヤシテツヤ 「僕の女神さま」 秋田書店 チャンピオンREDコミックス

女装少年はシスターの世界にまで潜入していくのでした。夢か現実かよくわからない感じで描かれています。え、結局、どっちでどういうことなの。


◆鮭夫 「ヒトミ先生の保健室」2巻 徳間書店 リュウコミックス

単眼のヒトミ先生を中心に人外だらけのスクールライフを描く作品も2巻目。おっぱいが大きくなってしまって女装することで解決しようとする少年が登場。すけべえが根底にあるし、性格あんまりよろしくない感じで描かれてるので、女装結構可愛いのに冷めた目で見られちゃっててちょっと残念ですけれど。私もおっぱいほしいです(何を唐突に)。


◆竹林 月 「ひかるtoヒカリ」2巻 一迅社 IDコミックス わぁい!コミックス

男の娘コミックにてラブを描き、なおかつそれが成熟したとき、いくつかの舵取りが要求されます。男の子同志だった場合、そのまま行って、本当にいいのかな、という視点が代表例。
この作品では、1巻の段階で女装少年が普通のサッカー少年に明らかに恋をしていました。そのサッカー少年も女装少年を女の子だと思った上で恋しています。そこにあるねじれをどうするのか、解決して一歩進めていいんだろうか。
2巻ではその解決が描かれます。そしてその上で少年たちはどう葛藤するのか。しないのか。
私は、ゆるふわ解決、全然アリだと思います。ラブコメは一番楽しい時期だけを描いてもいいんですよね。


◆多丹 モト 「父で娘」2巻 双葉社アクションコミックス

当Blogでも個別にエントリを立ち上げるほどにハマった一冊。自分でもまさかと思うほどでした。
おおもとの若くて可愛い父親という設定はギャグのセオリーのようなもの。そこで造形されたまどかというキャラクタは、いろんな方向が尖っているけれど、そのカウンタとして登場するミチルはいろんな面において「普通」。女装少年ではあるけれど、常識人であり、可愛く、普通に恋をして、結ばれていく。破天荒な物語だからこそ際立つ普通さに私は惹かれて、その恋を羨ましいと思いつつも応援したのだと思います。
自分にとってはとてもよい作品でしたが、万人にもそうだとは思っていません。しかも1巻を読んだときと2巻を読んだときでの自分内評価が全然違うし。薦めにくい。なので、私はすごく好きだ!とだけ強く主張しておきます。


◆佃煮 のりお 「ひめゴト」 一迅社 IDコミックス わぁい!コミックス

◆アンソロジー 「ひめゴト コミックアンソロジー」 一迅社 DNAメディアコミックス

「ひめゴト」は2014年の(男の娘・女装作品として)最大のヒットとなりました。返す返すもわぁい!の休刊にブレイクが間に合わなかったのが残念だなと思いますが。
アニメ化までされ、秋葉原の書店にはキャラの等身大ポップが立っていました。2014年には2巻3巻4巻までが出ました。いいペース。
基本ドタバタなギャグですが、可愛いを本気で描こうとしているのがよく伝わります。
アンソロジーは他の作家さんによる公式二次創作のようなものですね。


続きます。

« 制服交換 | Main | この女装コミックがすごかったね!2014年版【一般作品その2】 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/60865941

Listed below are links to weblogs that reference この女装コミックがすごかったね!2014年版【一般作品その1】:

« 制服交換 | Main | この女装コミックがすごかったね!2014年版【一般作品その2】 »