April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« にせこい | Main | この女装コミックがすごかったね!2014年版【一般作品その1】 »

制服交換

mixiの日記からの転載と加筆です。

◆高校生が男女で制服交換 「らしさ」見つめる試み 山梨
http://www.asahi.com/articles/ASGCB53PMGCBUZOB00R.html
昨日つぶやきにも書きましたしTwitterにも書きましたが、こんなことが山梨で。
一晩開けて、ブックマークやら各種メディアに転載されて、いろいろと言われています。
でも私は、やってみたことを高く評価します。これじゃダメだとか言ってる人多いけど、やってみないとわからないじゃない。
まあ、確かに「Sex」ではないですよね。それは身体的な性別。ここでは「Gender」を使うべき……ではあるけど、そういうのもうるさい外野の声でしかなし、次回があるならそのとき改めればいい。
できれば専門家が全体像をコーディネートしてあげたらよかったのかもね、とは思いますけれど、それだって、やってみたからわかったこと、だわ。

例えばこれと同じことが自分の高校時代にあったとしたら、私は参加できたか、ということを考えます。
たぶん、出来なかったように思います。

脳内と身体で性が違う、ということが自分では当たり前で40数年。えっ、他のみんなはそういうこと無いんだ!? って知ったのが思春期頃。違和そのものは小学校からずっとです。
男女の性別ってのは、すぱっと境界線があるわけじゃなくて、真ん中はグラデーションで混ざり合ってるわけ。ただ、それじゃ社会的には困ることがあるから、仮に真ん中に線が引いてある。線というよりは高い壁かもしれないけれど。

だから高校生のときには、すでに私ははっきりと自分の身体に違和感を持っていました。変えられるものならば変えたい。せめて見た目だけでも女子に近づきたい。近づけたい。
でも第二次性徴まっただ中だからアンドロゲンも過剰に出る。どんどん男の身体になっていく。あのときの絶望感が何かしらの達観につながった可能性はあるかもね。
そんな風に自分の身体を憎んでいた頃だから、女装コンテスト出ない? と誘われたりしても、女子の制服が似合わないだろう自分を想像して、余計悲しくなって断ったりしてました。ああいうのって笑いとってなんぼだしな。笑われるのではなく、笑わせるほどの技量も無い。
それが全校の4割ぐらいが参加するイベントだったとしても、……やっぱり自分の脳内女子に納得してもらえるような外見を作ってあげられなくて、絶望が深くなるだけで、本当はそうしたい、そうありたいと思っていても、首を横に振っていたのではないかなあと。

社会人になって、一人で暮らして、少しお金が自由になって、はじめて自分の外見を納得できるような形に変えることができるようになってきました。着たい女性服を着たり、髭の脱毛をしたり、髪をのばしてストレートパーマかけたり。
そういう意味ではまだ途中ですけれど、それでも私の中の女子はそれなりに納得しています。

そう。自分の中の「女子である」という意識が納得するならば、着てる洋服が中途半端でも良いのよ。見た目普通の男子服でも実はレディースである、というだけで私の意識はOKと言ってくれる場合がある。そうやってなだめすかして社会を渡っていくのです。
だから綺麗とか可愛いが最大の目標では無いのです。や、そうであれば一番よいですし、そうありたいとは思いますが。女子にもデブやブスはいるのだ、っていう思い込みが今の私の外見を作っちゃってる気はします。もっと上を目指せよ私。

« にせこい | Main | この女装コミックがすごかったね!2014年版【一般作品その1】 »

「心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/60638788

Listed below are links to weblogs that reference 制服交換:

« にせこい | Main | この女装コミックがすごかったね!2014年版【一般作品その1】 »