April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« この女装コミックがすごかったね!2013年版【ミリオン出版編+追補】 | Main | この女装コミックがすごかったね!2013年版【成年コミック編】 »

風が止まった

2013年の総括記事群のあいだではありますが、どうしても書いておかねばならないニュースが飛び込んで参りました。

男の娘専門誌「わぁい!」が休刊
http://natalie.mu/comic/news/110626

過去に総括記事を書いているときも、ずっと私は、女装コミック、男の娘コミックは、追い風だよ! と言い続けてきたのですが、ここにきて、初めて確実に「風が止まった」ことを感じました。
平たく分析すれば、男の娘や女装モノというのが特殊なジャンルではなく、一般作品に普通に帰納されたってことだろうな、と思います。

先日出ました、ぷらぱ「だんしんぐ!!」集英社 を読んだときに思ったことがあります。

え、この使い古されて手垢ついたような設定を今からまたやんの? って。キャラはとっても可愛いけど、設定に新規性はどこにもない。何度も何度も読んだよそういうの。
しかし、それはあくまで私のようなスレた好事家の意見であって、漫画を読むユーザーを広く見渡したときに、まだ残る純粋な新規読者の層にアタッチするためには、温故知新、あえてお約束を何度でも踏むことによって強靭にしていくプロセスが必要なのかもしれません。個別の作品としては全然悪くないですよ。

ジャンルとしては生き残るでしょうけれど、あえてまとめるというところが特異点ではなくなったのかもしれません。
あ、あとね、看板作品の不在はやはり大きいんじゃないかなと素人的に思います。「リバーシブル!」が終わって、「ひみつの悪魔ちゃん」が確実に終わりに向かって、初期の二大看板がなくなり、「ひかるtoヒカリ」とか「ひめゴト!」がよい感じに育ってきてはいるけれど、ブレイクに間に合わなかったという感じかしら。アニメ化はとてもすごいニュースだけれど、そのブレイクの紙吹雪を回収できないのはもったいないなあ。ほんとに突然決まったんですね。

じゃあ、女装モノのコミックに未来は無いかと言えば私は全然そんなこと無いと思っていて、期を同じくして発売された、掘骨砕三の「かわいいボク」がかなりの傑作だったことも特筆されるかなと。

これは成年コミックでの傑作でしたが、ポスト放浪息子、ポストプラナスガール、もっと言えば、ポストストップひばりくんのような作品はまだまだ生まれる余地があります。
凪の世界の中で、まだ私はしばらく旗を立てて、次の作品を待つことにいたします。

「わぁい!」「おと☆娘」の両誌関係者のみなさまお疲れ様でした。また是非次の一手を。

« この女装コミックがすごかったね!2013年版【ミリオン出版編+追補】 | Main | この女装コミックがすごかったね!2013年版【成年コミック編】 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/59207683

Listed below are links to weblogs that reference 風が止まった:

« この女装コミックがすごかったね!2013年版【ミリオン出版編+追補】 | Main | この女装コミックがすごかったね!2013年版【成年コミック編】 »