April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« August 2013 | Main | January 2014 »

この女装コミックがすごかったね!2013年版【単発作品編】

いやっはー! 間に合わなかったー!

すみません。年末に遊び歩いておりまして、じっくり腰をすえないと書けない当記事がおざなりに……。
年をまたいでも最後までやりますので、気長にお待ちくださいね。

さて、単発作品です。そうは言ってますが、今年スタートした作品も含まれますし、ちょっと曖昧な感じかも。
実は、今年、単発作品の数で言えば、歴史上初めてぐらいの数が出ています。
「わぁい!」と「おと☆娘」からの単行本が続いたんですね。これはわけてエントリたちあげたいと思います。

ですので、それ以外、というカテゴリで行きたいと思いますが、めんどーなので、一迅社とミリオン出版のものはレーベルが違っても別エントリのほうで取り上げますね。


◆うかみ 「青春おうか部」 アスキー・メディアワークス

いわゆる日常系四コマ作品です。海外からの留学生が可愛い男の娘。登場人物の中で一番の常識人というのがまた。
こういう作品は何も考えずに楽しむのがよいと思います。可愛いは正義。


◆ネムネム 「路地裏スーベニール」 アスキー・メディアワークス

男の娘イラストで知られるネムネムさんの一般向け男の娘コミックです。絵の可愛さは文句無しです。が、世間の男の娘や女装に対する「風当たり」を描いているので、当事者的に読んでいてツラいです。
さて、最終的にカタルシスは得られるでしょうか。


◆ひらく椥 「男子高校生とロックのきわどいつきあい方。」 アスキー・メディアワークス

2巻買えていませんすみません。なので、1巻までの話です。
女装をしているベーシストというとどうしても「演奏してみた」のあの方とか、あの方を思い出すのですが、おそらくモチーフとしてはそこから来ていると思います。実際動画サイトに公開して人気という設定ですし。
さらにはPも登場して、2010年代の青春バンドものとして、よく実態をあらわしていると思います。


◆車谷晴子 「なのに、ボクはイヤといえない」1巻 小学館

以前より性別越境モノを描いてこられました著者が新たに創出した世界は、かなり踏み込んだものになっております。
一般誌で直接的な性器などを描かなくても、ここまで精神的な調教などを描けるんだなあ。
私は個人的には自分の意思で女装する子が好きですし、自らもそうなんですが、こういう強制的に女装させられるという世界を愛してやまない方々がおられることも承知しています。そうした方々にしてみれば満を持して登場した作品とも思えるんですが、どうなんでしょう。


◆乃木坂太郎 「幽麗塔」4巻 小学館

こちらもすみません、4巻以降読めておりません。
江戸川乱歩的というか往年の怪奇モノの雰囲気が濃厚な作品世界。女装と男装をしての逃避行です。特別可愛いわけではないのですが、だんだん馴染んでいくにつれてセリフや表情が変化していったりする描写がよい感じ。


◆志連ユキ枝 「だって好きなんだもん!」 秋田書店

男の娘って便利に使えるというか、トリックスター的意味合いを持つことはままあることです。
対男性でも対女性でも状況に応じられる、という点で扱い易いというのはわかるのですが……。
かといってこんな風に、男性にも女性にもふらふらと好きをまき散らしていくと、どこに感情移入していいのかわかんなくなります。誰かの気持ちになって読むのが難しいよ。2巻出ているようですが、まだ読んでいないので、どういうエンディングを迎えたのかはこれから知るのですが。


◆多丹モト 「父で娘」1巻 双葉社

なんだこれは、と思って読み始めたのですが、最後までなんだこれは、のままでした。
母親の再婚相手がめちゃめちゃ若くて可愛い女の子……みたいな男だった、という話なんですが、母のおっぱいの大きさといい、なんともはや。
でもね、このくらい振り切っちゃったほうがすっきりします。ばかばかしくて笑っちゃうぐらいで結構楽しいよ。


◆ぴい 「俺のカノジョが男なわけがないっ!」 ふゅーじょんぷろだくと

「女装攻め」というキーワードがすべてかもしれません。BLとしてのバリエーションからお話を作ってるのかなーと思いました。性別違和とか同性愛とかそういうことで悩んだことがある人が読むべきじゃないかもしれない。そういう視点で見ちゃうと腑に落ちないことだらけだもん。あくまでファンタジーね。


◆甘詰留太 「BOY MEETS GIRL GIRL MEETS BOY―甘詰留太チェンジH短編集」 少年画報社

基本的には「後天性性転換症」などのTSF作品です。性別のゆるやかな移行が見事に描かれているので、そちらがお好きな方にはたいそう喜んでいただけるのではないでしょうか。
女装としては「ナカの娘なんていないもん」でしょうか。いわゆる着ぐるみ、ドーラーのお話。
私、10年以上前に深くその世界とコミットしていました。今でももちろん嫌いじゃないですよ。ただ、自分たちの狭い世界という認識もどこかにあって、こうして広く読まれる作品に描かれるのは気恥ずかしさもあるし、ちょっとそこは違うなあと思うところもあるし。なんか冷静に読めないね。


◆平喜多ゆや 「ふつうにかわいい?」 徳間書店

以前のエントリでも書きましたが、女装からの卒業が描かれます。BLだからさ、最終的にカップルが幸せであればよいのです。けれど、女装に主眼をおいて見ている私からすると、ちょっとね、がっくり来るのです。
女装シーンの絵の描かれ方はキレイで可愛くてよい感じですよ。


◆東屋めめ 「偽装男子」 双葉社

彼氏になれないなら彼女になればいいじゃない、という設定の四コマ作品。
ジェンダー的に真面目に論じたりしたらダメ出しにしかならなくなる。あくまでシチュエーションコメディだと思って読むのが正解です。絵、可愛いし。


◆椋蔵 「アクトレスアクト」1巻 芳文社

あくまで男性向け、ですし、対象年齢もちょっと高い感じなのかなあ。いかに可愛い女の子にお近づきになれるか、という主眼での女装です。


◆風雅ゆゆ 「強制女装男子~レンタル男の娘~」 大都社

なんだかすごい作品が来たぞ。罰ゲームの女装プリクラをきっかけに巻き込まれていく闇世界と、出会う紳士。
ある意味シンデレラストーリーなんでしょう。
これもBLとして最終的に女装が解かれます。あんなに可愛いのになあ……。


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*


や、わかってるんです。ジェンダー論とか真面目な方向からこうした作品群を捉えようとすると、気になるところばかりが目立つのです。もう少し柔らかく、いち女装する人的視点から見ようとしても、それでもひどい扱いだなあと思うシーンが多かったりします。
だんだん物語として楽しめなくなり、一枚絵の女装シーンだけを愛でるようになることも。
多様性があるという意味ではよいことなんだと思います。たまたま私が当事者だから気になるポイントが多いというだけで。

さて、年内の更新はここまでです。最後までご紹介できずですみません。あとは専門誌系と成年ものだから、おいしいところを最後に残した感がありますね。私としてもじっくり腰を据えて紹介をしたい作品が多くあります。
ですので、ちょっと気長にお待ちいただけると助かります。

それでは、良いお年をお迎えくださいませ!

この女装コミックがすごかったね!2013年版【継続作品編】

継続作品とは、今年スタートしたわけではなく、昨年以前にスタートして、今年単行本が出るなどして続いている作品について取り上げます。
前回も申し上げましたが著名作品は拾いきれていませんし、いくつか「ある」ことがわかっていても私が買ってないなどの理由で掲載していないものもあります。まー、ほら、完璧とか求めちゃうとたいへんだし。てへっ。


◆杉基イクラ 「ナナマルサンバツ」5、6巻 角川書店

めちゃめちゃ熱い競技クイズ漫画にも女装っ子登場で盛り上がっております。この記事の直後に7巻が出る予定ですが、ひとまず確認できた6巻まで。
少々性格に難ありの明良くんが女子校制服で登場。ああ、可愛い。


◆睦月のぞみ 「兎の角」3巻 エンターブレイン

伝奇コメディとでもいうのかなあと思ったら「退魔劇」というジャンルがあるとか無いとか。
あれどうして昨年取り上げて無いのかなと思ったら、発行年月日が隙間に入っちゃったみたい。1巻から継続して女装っ子真白アヤさんは登場しておりますよ。主人公ですもの(たぶん)。


◆志村貴子 「放浪息子」14巻15館 エンターブレイン

この作品については、以前のエントリをご参照くださいませ。女装コミック史に残る当作品は2013年に完結いたしました。
とても大事なシーンを描かなかったり、小さなコマで描いたりするという手法は、ばーんと大ゴマで描く少年漫画と真逆という気がします。
見落とさないようにじっくり読むべし。


◆木尾士目 「げんしけん 二代目」伍(14)巻六(15)巻 講談社

マダラメ総受けだの、ハトマダだの、マダハトだの。そういう隠語的なものをネタとして使うだけでなく物語の核心に据えてくるあたりが「げんしけん」らしいところ。私としては波戸ちゃんが女装やめちゃうのは大ダメージなわけですが、まあ、幸せになってくれるなら……(いやしかし暗雲が……)、という現在。さてどうなりますやら。


◆やぶうち優 「ドーリィ♪カノン」2巻3巻4巻 小学館


毎回カノン登場シーンで大ゴマで見せてくれるあたり、わかってらっしゃるとしか言いようがございません。心音と同じく、ハスハスしつつ見ております。
さて、4巻が出たばかりなのですが、DVDが付録についている版もあります。ええ、DVD。アニメじゃなくて、実写化です。これも以前ニュースを聞いた時に衝撃を受けてエントリを起こしたのですけれど……。
難しいよね。性別越境したキャラを3次元にするのって。写真ならばまだいろいろやりようもありますが、動画や現実だとより難しくなります。なので、女の子が女装の男の子を演じるのは間違っていないとは思います。
ただ、まあ、ちょっと残念だなーと思っただけでございます。てへ。


◆ふみふみこ 「ぼくらのへんたい」2巻3巻4巻 徳間書店

可愛い絵柄でダークなことをさらりと描く、アフター放浪息子の世界の代表作。4巻でがらりと表紙の印象が変わりました。


◆険持ちよ 「女声男子」3巻4巻5巻 スクウェア・エニックス

最終巻のカバーイラストが、女装じゃないというところに象徴されますが、終わってみれば極めてまっとうな青春モノというか、成長モノでした。
コンプレックスってその人それぞれだよね。私からすれば羨ましい個性が、当人にしてみれば苦痛でしかないものかもしれない。私なんて女性的な顔だなんて言われたら大歓喜しますけど、そう言われるのが嫌な男性だっているんでしょう。
そういうのを言っちゃいけないとか、言わないで欲しいと主張するより、私は言ってしまっても聞いてしまってもそれを指摘できてお互い理解して丸く収まるほうがよいかなと思います。作品と関係ない話だな。


◆幾夜大黒堂 「ふぇちっくす」3巻 ほるぷ出版

朝起きたらちんちん無くなって女になっていた。というシチュエーションは、TSFと呼ばれる「ファンタジー」として広く世界中で愛されています。けれど、この作品は、それをファンタジーではなくリアルでやったという点で、驚くべき成果を上げてると私は思います。私もされたい(そうでなくて)。
暴走する愛情が混戦するお話でしたが、いいところに収まったなーと思います。読み返したくなってまた1巻から読んでしまうループ。あの、ロックな先生がすごい好きなので、別の作品にもまた登場して欲しい。


◆松本トモキ 「プラナスガール」6巻 スクウェア・エニックス

こちらも、以前のエントリにて取り上げました男の娘コミックのトップランナー。無事に完結いたしました。
みんなが納得するエンディングだと思うけれど、専門誌ではなく、一般青年誌で(そうは見えないけど)堂々と男同志のカップルをやったという意味でも大きかった気はします(案外少ないのよ)。
こんなスーパースペックじゃないにしろ、このくらいのらぶらぶカップルが高校生ぐらいで現実に存在しているのかなあなんて考え始めるとうらやましくて壁に穴があきます(あけるな)。


◆ゴトウユキコ 「R-中学生」3巻 講談社

茶化したりギャグにしたりしてるけど、結構深刻で洒落にならんことをガチっと描いてる印象です。3巻に女装エピソードが登場。結構可愛かったりするのがシャクです。なんて。


◆楠見らんま 「いとをかし」2巻 竹書房

ほぼ毎回変わらぬ雰囲気で進むほのぼの四コマですが、なんとなく頭身がよりいっそう縮んでいる気がします。やー現実にこんな子いないよーと思いつつも、いいぞもっと女装させろ、と拳に力を入れるわたくし。まあ、……通いますよね、実際あったら……。


◆シュガー 「さつきコンプレックス」2巻 芳文社

こんなお兄ちゃんの何が不満なんだ……。美少女お兄ちゃんと美少女お父さんに囲まれた少年の四コマ。深く考えちゃいけません。可愛い可愛いとひたすら愛でるのが正解だと思うのです。


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*


わぁい!コミックスの一部については、別エントリで取り上げます。
いかん、このペースだと確実に年を越す。
次回は、単発作品編。

この女装コミックがすごかったね!2013年版【ちょっとだけ編】

毎年恒例「この女装コミックがすごかったね!」企画でございます。
全まとめとか、独断のランキングとか、もう少し絞り込めばよいのでしょうけれど、ひとまず私の手元にある資料をまとめるという意味でも継続してご紹介しております。
年末に吟味していただき、お年玉で新しい本と出会っていただければ、これにまさるヨロコビ無し。

というわけで、お約束です。
これは、初版発行年月日が、2013年のコミックのうち、女装シーンがあるもの、もしくは女装がテーマのものを抽出した「まとめ」です。
あくまで私が買った作品に限っております。また、もう取り上げるまでも無いかなーという作品は除外してあります(もやしもんとか、國崎出雲の事情とか、うそつきリリィとかね)。
いわゆるTSF作品は含まれませんが、その前段階として女装が描かれているならば取り上げますよ。今年はほとんど無かった気がしますが。

のんびりスタートしましょう。まずは、女装シーンが少なめな作品から。


◆道満晴明 「ニッケルオデオン 緑 」 小学館

すこしふしぎ短篇集としても極めて秀逸なニッケルオデオンの実質二巻です。ネタバレになっちゃいますが、裏表紙でも男の娘って書いてあるからよいよね。冒頭のカラーページに登場する伏見くん。
Tv001
可愛いです。他の作品とゆるいつながりがある短編ですので再登場を願いましょう。


◆高嶋 ひろみ 「放課後おわらいぶ」 双葉社

ラブコメディではなく、コメディラブ。売れない女芸人とラジオ番組のハガキ職人高校生という「コメディ」がテーマですので。
女装なシーンは後半に登場、ただし、
Tv002
こんな感じです。


◆ボマーン 「ケイくんとアヤメさんがルームシェア」 双葉社

色っぽいお姉さんと小学生の男の子がルームシェアという、ラッキースケベ系王道かなと思いきや、そこはひとひねりふたひねり。アヤメさんはキレイだけど残念な感じですし、ケイくんは……しっかりものでなおかつ美少年という。ああ、おいしゅうございます。
もっと女装したらよいのに、とうっかりツイッターでこぼしたら著者さまにRTしていただきました。えっと、お願いをきいていただけるのかしら☆


◆若井ケン 「僕は恥っこが好き」3巻 スクウェアエニックス

可愛いほんのりラブコメ(+なんか熱い漢の戦い)の最終巻。予期しない方向から女装なシーンが登場しました。以前から可愛い感じで描かれてはおりました少年が、文化祭に女装で登場。以前から男の娘が好きと公言していた先生と……。と、いう書き方すると過剰に期待されちゃいそうですが、そこは全然本質テーマではございませんので、割とあっさりと。


◆金子歩 「君の中の少年思考」2巻 白泉社

昨年「ノンケの君にバーン」とやられた作品が、2巻で完結です。もっと読みたかったなあと思わせるぐらいでちょうどよいのかもしれません。やっかいな腐女子も登場してかき回されて、さて、雨降って地はかたまりますか。
前回より女装ちょっと多めかな。


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*


さて、次回は、継続して連載されている作品からいくつかご紹介いたします。
年内に終わる、ように、こころがけます!

« August 2013 | Main | January 2014 »