April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 春夏秋冬鈴「レディーズメイド」1巻 | Main | 黄上恵理「同時同性交友のススメ」 »

夏目かつら「桃色男の娘」

Ts_monoirootokonoko

「男の娘」とタイトルに入った作品も数多く出版され、もはや辞書に載る勢いです。でも、定義が曖昧なので、ちょっと無理かな。厳密に定義したら、こういう言葉はきっとすぐに廃れます。
少年マンガ、少女マンガ、男性向け成年、女性向け、BL……などなどもはやジャンルを乗り越えて、女装少年は描かれています。一番少ないのは、劇画?
そもそもジャンルというのも曖昧な話で、マーケティング的にどんな層に読んで欲しいか、ぐらいの意味合いしかありません。でも、女の子が少年ジャンプ読むの当たり前の時代ですもの、おもしろければ、no borderです。

男の娘を描く場合、そのお相手の性別というのは、気にする人もいるかもしれませんね。マンガを実用に供している方にとっては死活問題かもしれない。けど、普通に読んで楽しむだけなら、男の娘が幸せになりさえすれば、マッチョな男子に愛されようが、女王様な女子に愛されようが、別にいいよね。

ただ、当然そこには、私の好み、が関わってきます。男の娘に感情移入するとすれば、ある意味リトマス試験紙みたいなものかしら。私は、どちらかというと、男の人に愛される男の娘が好きです。んー、正しくないか。男の人に愛される男の娘を描いた作品に、好きなものが多いです、というのが正確ですね。

前置き長かった。この「桃色男の娘」は、BLからのアプローチ。ですので、当然お相手は、男の人です。絶対ハッピーエンドになるとわかっていても、男の娘を泣かしちゃダメです。
Ts_momoirootokonoko2

すごいこと言ってるのに、もらい泣きしてまうやろー

私には最初の郁ちゃんと涼二さんのカップル話がベストトラック。他のもよいけど、郁ちゃんが可愛すぎる。男子の制服着てても可愛い。そうか、ああやって髪は結べばいいのか、ぶつぶつ。
あー、あと、ナベくんは、郁ちゃんにちゃんとあやまることっ。

ちっ、いいなあみんなラブラブで……と、嫉妬するくらいにがっつりはまって楽しい作品集でした。この路線で、もう少し読みたい。

« 春夏秋冬鈴「レディーズメイド」1巻 | Main | 黄上恵理「同時同性交友のススメ」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/52318095

Listed below are links to weblogs that reference 夏目かつら「桃色男の娘」:

« 春夏秋冬鈴「レディーズメイド」1巻 | Main | 黄上恵理「同時同性交友のススメ」 »