April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« March 2011 | Main | September 2011 »

夏目かつら「桃色男の娘」

Ts_monoirootokonoko

「男の娘」とタイトルに入った作品も数多く出版され、もはや辞書に載る勢いです。でも、定義が曖昧なので、ちょっと無理かな。厳密に定義したら、こういう言葉はきっとすぐに廃れます。
少年マンガ、少女マンガ、男性向け成年、女性向け、BL……などなどもはやジャンルを乗り越えて、女装少年は描かれています。一番少ないのは、劇画?
そもそもジャンルというのも曖昧な話で、マーケティング的にどんな層に読んで欲しいか、ぐらいの意味合いしかありません。でも、女の子が少年ジャンプ読むの当たり前の時代ですもの、おもしろければ、no borderです。

男の娘を描く場合、そのお相手の性別というのは、気にする人もいるかもしれませんね。マンガを実用に供している方にとっては死活問題かもしれない。けど、普通に読んで楽しむだけなら、男の娘が幸せになりさえすれば、マッチョな男子に愛されようが、女王様な女子に愛されようが、別にいいよね。

ただ、当然そこには、私の好み、が関わってきます。男の娘に感情移入するとすれば、ある意味リトマス試験紙みたいなものかしら。私は、どちらかというと、男の人に愛される男の娘が好きです。んー、正しくないか。男の人に愛される男の娘を描いた作品に、好きなものが多いです、というのが正確ですね。

前置き長かった。この「桃色男の娘」は、BLからのアプローチ。ですので、当然お相手は、男の人です。絶対ハッピーエンドになるとわかっていても、男の娘を泣かしちゃダメです。
Ts_momoirootokonoko2

すごいこと言ってるのに、もらい泣きしてまうやろー

私には最初の郁ちゃんと涼二さんのカップル話がベストトラック。他のもよいけど、郁ちゃんが可愛すぎる。男子の制服着てても可愛い。そうか、ああやって髪は結べばいいのか、ぶつぶつ。
あー、あと、ナベくんは、郁ちゃんにちゃんとあやまることっ。

ちっ、いいなあみんなラブラブで……と、嫉妬するくらいにがっつりはまって楽しい作品集でした。この路線で、もう少し読みたい。

春夏秋冬鈴「レディーズメイド」1巻

春夏秋冬と書いて「ひととせ」。春夏秋冬鈴さんのデビュー作にして、初単行本です。
まったくそうは思えないほどに手練れた印象。安心して読めます。
この本は、少年画報社のTSコミックスレーベルから出ています。つまり、あれよ、チェンジHから派生した作品ってことですね。
チェンジHは、大変野心的な本でしたが、私個人としては、女装とTSが一緒になっちゃってて、私自身が楽しめるのが半分くらいだったのが残念で、結局読まなくなっちゃった。
けど、佐野タカシの「女装子女」とか、この作品のような秀作と出会えました。

ワガママお嬢様と男の娘メイドのお話って、そういえば他にもちらちらと見かけますね。特に、男の娘作品界隈に。やはりポイントは、男の娘のメイド姿と、時々デレるお嬢様ですわよね。おほほ。

……というわけで、Amazonのアフェリエイトテストも兼ねて、レビューをしてみたよ。こんな感じで、ウチに眠る膨大な女装モノコミックをもう少し陽の目のあたるところに出してあげたいなあと。
結果としてマイナーどころが多くなりそうだけど……ま、そりゃ私の宿命みたいなものですねw

きょろきょろと

「エマージェンシー」なんてタイトルで、自分の身の回り数メートルの小さい記事を書いた少しの後に、日本は大変な大災害に見舞われました。
あちこちで書いたことですが、私自身、3/11を境に色んなことが変わりました。特に内面。

それが落ち着くまでに数ヶ月を要しましたが、2011年も半分過ぎた今、またちょっとずつこのblogも動かしていきたいなと思ったのです。
頭の中にずっと閉じ込めてた思いや、もしかしたらあまり広く知られていないこと、そんなことをまたここで書いていこうかなという気持ちになっています。

mixiでそういうことはやってきたんだけど、ここに来て、mixiさんが進みたい方向が見定められなくなってきて。
ひょっとして私がやりたいこととは違うんじゃないか、と薄々感じはじめています。

そんなわけで。
消えかけてた灯りを、もう一度灯します。よかったら、また、のぞきに来て下さい。

« March 2011 | Main | September 2011 »