April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« November 2010 | Main | March 2011 »

この女装コミックがすごい!2010年版【一般書籍編】

というか、いわゆるハウツウ本も含めて。

■桜木ピロコ「オトコの娘の保健体育」コアマガジン
Hoken
2007年の「オンナノコになりたい」からはじまったハウツウ路線も、3年でここまで来ました。男の娘をターゲットにしたセックスのための心がけ本です。何度も書いていますが、普通のセックスと男の娘にとってのセックスは違います。そりゃ古代ギリシアからそうだった、とはいえ、そのための器官では無いですからね。なので、本当は男の娘を好きな男の子に読んでもらうべき本のような気もしますが、ある程度男の娘側もリードしたり、促したりしないと危険だものね。知識をもっておいて損はありません。
この手のハウツウ本はイラストも楽しみなんですが、この本の巻頭マンガはなかなかの出来でした。

■あぶひゃく「ふたりでできるもん」オークス
男の娘にとってのセックスというのは、相互アナニーでもあるのよ、という関係性を強調した形のハウツウがこれ。もちろん「ひとりでできるもん」の続編です。冒頭でさまざまな先入観を解きほぐしていくあたりはさすがですね。

■三葉「オンナノコになりたい!もっともっと、オンナノコ編」一迅社
元祖による三冊目です。ひねあきのコミックが実によい出来です。おっぱいの切り身?には笑いました。
以前と同じ話を繰り返してもいますが、少しずつ現実に合わせたプラスアルファがついてきてる感じです。

■いがらし奈波「わが輩は「男の娘」である!」実業之日本社
Wagahai
いっそグラビア写真集でもよかったのに、というぐらい美形で可愛い奈波ちゃんの本。元ジャニーズJrが、なんて報道が多かったですが、それに触れてるのはほんの1ページというあたりが、マスコミとのズレを感じます。
母であるいがらしゆみこ氏によるエッセイコミックが圧巻です。実の母に女装した自分の絵を描いてもらうなんて、どれだけ贅沢なことだろう。
男の娘文化が浸透したことにより、親世代からの理解という部分が広がったとすれば、それは大成功だった、と思います。カジュアルに女装を楽しむことは後ろめたいことでもなんでもありません。そりゃ少々お金はかかるし、「世間様」にはまだまだ理解してくれない層も存在します。だからといって人に迷惑をかけるでもない悦楽をやめることなんてない。
ただ、このあたりの話は、実際に悩んでいる性同一性障害などとは切り離して考えるべきです。悩んで苦しんだ上で性転換を選んだ人に「男の娘」という言葉をかけることは暴力にもなりかねない。手術をした、しないに関わらず、あり方について悩んでいて投薬などしているのでしたらば、その人は、女の子です。少なくともこうした女装コミックを論じるなどの気軽な話の中では分けて考えたいと思っています(なので、「放浪息子」は微妙だったりするのよね)。

■「オトコの娘カルタ」inforest
カルタかあ……そう来たかあ。というのが最初の印象。手にしてみたら作りもしっかりしてて、お正月にみんなで遊べそうです。家族親戚が集まったら、さあオトコの娘カルタ!(無理だ)
百人一首マンガ、ちはやふるが大ヒットしている今こそ、競技オトコの娘カルタの大会が開かれたりする……かもしれません(だから無理だ)。
Karuta01
Karuta02
Karuta03

★スローオナニー研究会「ゆっくりしていってね」コアマガジン
Yukkuri_2
最後は手前味噌です。せっかく可愛い男の娘になったのならば、新しい男の娘ならではの快楽を追求してみよう、という「自分探し」のハウツウ本です。
縁があって、こちらの本の一部執筆をさせていただきました。あんなに真剣に女装コミックを読み込んだのは初めてでしたよ。でも、そうするといろんな発見があるんですよね。じっくり読むことによって、皮膚感覚が憑依してくるような体験はなかなか貴重でした。

***

そんなわけでお送りしてまいりました、2010年のこの女装コミックがすごい。もちろんここに掲載されていない作品にも秀作はあるんだろうな。私ひとりが足で探したものだけに限っていますので、見落としもあるんじゃないかな。
ぜひ、そのときはこんな作品あるよ!と教えていただければと思います。

2011年はどんな年になるんだろうな。反動だけが怖いのですが、放浪息子もアニメ化されますし、プラナス・ガールあたりも可能性を秘めています。
あと、そろそろ男の娘タレントや、アイドルが出てきてもいい、と思います。オリジナルの男の娘ドラマとか作って、テレビと決別しちゃった私を悔しがらせてください。

それでは、よいお年を!

この女装コミックがすごい!2010年版【アンソロジー・雑誌編】

毎年ちょっとずつ出てはいたんですよね、アンソロ。でも、今年は大豊作と言っていいでしょう。出版社もいろいろです。
アンソロのよいところは、新しい作家を見つけられるところかなと思います。

■「スーパー男の娘タイム、はじまるよっ★」エンターブレイン
■「第二次スーパー男の娘タイム、はじまるよっ★」エンターブレイン

Super2
ふたばちゃんねる的なタイトルの本は、わぁい!といい、うまくはまりますね。

■「女装の王子様Vol.3」光彩書房光彩コミックス BOYS L
昨年1と2が出ましたボーイズラブ系のアンソロです。当然お相手は男の子です。

■「女装男子アンソロジー」エンターブレインB'S LOVEY COMICS
Ansoro
こちらもボーイズラブからのアンサー。描き手の意識の違いだけだと思うんですけれど、結構カラーの違いって出るものです。
いいよね、セーラーマフラー。

■「女装少年アンソロジーコミック」一迅社 REX COMICS
白組
Shirogumi

桃組
Momogumi

姫組
Himegumi

蒼組
Aogumi
一年で四冊も出ました。しょーもないギャグ作品も含めてバラエティに富んだ内容でした。REX COMICSというブランドはどちらかというと萌え系コミックがメインですよね。この作品集もそこから大きくハズレてはいませんが、少女漫画的な装飾もチラホラあって、女の子も読者として想定してるのかな、と思いました。それは母体(なのかな)の、わぁい!も同じかな。

■「女装男子アンソロジーSyrup![sweet]」東京漫画社
■「女装男子アンソロジーSyrup![bitter]」東京漫画社

Syrup
こちらもボーイズラブから。男くささ丸出しな女装が描かれたりするあたりが、いかにもなんですが、sweetに所収の松本ミーコハウス「理由はあいつにきいてくれ」が私にとって、全女装アンソロジーでのベストトラックでした。
筋書きも絵も他の作品と大きくは違わないんだけれど、私の琴線にかつーんと触れたんですね。

■「男娘宴~オトコの娘凌辱傑作選~」オークスXOGAME COMICS
■「えれくちおん!」三和出版 SANWA COMICS

これだけあって、成年コミック指定だったのは、わずかです。どちらも同人誌などの再録本です。
これは指定が甘いとかそういうことよりも、男の娘コミックは、エロが無くても必要十分である、ということかなと思います。

■わぁい! Vol.2&3 一迅社
実に順調に巻を重ねました、「こんなかわいい子が女の子のはずがない!」
なんとイラスト投稿コーナーに、三峯徹さんがいらっしゃいます。ああ、これで安泰ですね。しかし一冊の雑誌のどこを開いても男の娘ってやっぱりすごいです。

■おと★娘 Vol.1 ミリオン出版
そして対抗馬が出馬。付録は催眠CDでした。まだ未使用。私単純だからこういうのちょっと怖いわ。
松本ミトヒ。の「あとのまつり」はツボでした。ああ、そうか私、こういう男子校の姫的なの好きなんだな。
しかし、わぁい!にしろ、おと★娘にしろ、うちの近所の書店でも平積みです。売れてるんだろうなぁ。すごいな、21世紀。

この女装コミックがすごい!2010年版【成年コミック編】

さて、項を改めまして、成年コミックです。
これらについてはあまり私が話すことも無いかなーなんて思ったのですが、「ゆっくりしていってね」でじっくり書きすぎて、今何も書くことが浮かばない状態なだけかも。なので、簡単に触れます。

■柚木N'「CHANGE!!」三和出版SANWA COMICS
Change
女性作家だったんですね(伝聞)。どおりでファッションが可愛いわけだ。シンプルなワンピースとか、着るの難しいから女装っこにはハードル高いのよ。

■好善信士「僕の女装告白」一水社IZUMI COMICS
これは女装って言っていいのかなあ。パッドだって言ってるけど、超巨乳だし、おちんちんも超巨大だし。

■The Amanoja9「T.S.I LOVE YOU…5 ラストフィニッシュ!!」久保書店WORLD COMICS SPECIAL
主に登場するのはシーメールであり、女装とはちょっと違います。手が入っていますからね。

■稲葉COZY「イイナリ」メディアックス MD COMICS NEO
端的に言えば「ひどい」作品が多いです。作品としての出来ではなく、ひどいやつが出てくる。そうやっていじめられる子が好きという層にヒットするんでしょう。私は……いじめられかたによりますw

■ネムネム「おとこのこちっく」メディアックス MD COMICS NEO
徹底して可愛い!男の娘がたくさん登場します。自分でwebページ作っちゃう子とか、他人ごとじゃないw

■柊柾葵「少年メイドクーロ君~女装っ子編~」松文館AV COMICS ショタコミCollection
Kuro
クーロ君もアニメ化だって!? こんなにエッチで可愛くて鬼畜な作品をどうやって……。気になる。
女装成分多めな作品集。衣装も可愛いので、かなりオススメ。

■やながわ理央「僕たちオトコの娘。」三和出版SANWA COMICS
どちらかというと劇画的な絵に見えますが、実に可愛い。

この女装コミックがすごい!2010年版【一般コミック編 その2】

【新規登場】
ここでは、今年新たに1巻が発売されたものや、1巻完結のものを。

■羅川真里茂「朝がまたくるから」 白泉社 HC special
所収の「半夏生」という作品にて。萌えとはちょっと違う視点ですね。ごく真面目な出会いと再会を描いた作品だと思います。女装はゴシックでアーティスティック。

★小村あゆみ「うそつきリリィ」集英社マーガレットコミックス
Lily
3巻まで出ました。「彼氏が男にモテモテの女装っこだったら」というテーマの少女漫画ですが、なかなかにギャグもキレてて、テンション高めでおもしろいです。2巻の出落ちは、赤塚不二夫や唐沢なをきもやらなかった前代未聞なシーンかも。すげえ、と思ったよ。

■林佑樹「カイチュー!」集英社ヤングジャンプ・コミックス
Kaicyu
弓道をテーマにした男の娘漫画。こちらのギャグのテンションには私は、ちょっとついていけませんでした。よって2巻以降買っていません。可愛いけどさ。

■ひらかわあや「國崎出雲の事情」小学館少年サンデーコミックス
少し前までは歌舞伎の一家で女形を演じるために仕方なく女装を……というパターン、多かったのです。でも、なぜか今シーズンwは、少なくて、この作品が目立った感じです。
可愛い絵柄で、キャラが入り乱れて女装もいっぱい出てきます。

■岸裕子「玉三郎 恋の狂想曲」小学館クリエイティブジュディーコミックス クリエ
驚きの復刊です。まさに勝機を見出したというタイミングですね。この原本は私、古書店でずいぶん探しました。でも、なかなか見つからず私の中でも幻の一冊になっていたのです。
岸さんの近況コミックがなんとも味わい深くてよかったです。この方こそ元祖やおいちゃんというか……。

■うみたまこ「いまドキッ」講談社 アフタヌーンKC
Imadoki
男の娘!をうたってる割には、その手が好きな人にはあまりピンと来ないような……。テンションは高くてよいけど、ちょっと上滑りしてるような感じが否めず、私は入り込めませんでした。

■黒瀬浩介「アイドルマスターNeue Green forディアリースターズ」一迅社REX COMICS
Aimasu
いわゆるアイマスのコミックです。秋月涼くんが主人公のシリーズが、このNeue Greenです。ゲームをやったことは無いので、この解釈や涼くんの恋の行方なんかがオフィシャルなのかどうかはよくわかんないのですが、ちょっと続きが気になります(1巻しか読んでません)。
twitterでつぶやいたことがありますが、この涼くんの髪型は、女装っことしてはかなりハードル高いと思いますw

■唯登詩樹「My Dollhouse」集英社ヤングジャンプ・コミックスBJ
Mdh
ベテラン唯登詩樹氏の女装コミック。以前からちらほら描いてらしたよね。絵は相変わらずの美しさですが、物語はあっさり系。

■つむらちた「君は男の娘。」ふゅーじょんぷろだくと
Kimiha_3
タイトルに「男の娘」を入れるにしては、ちょっと……。四コマ作品です。すみません、一読して誰がどのキャラだか全然わからなくて……。

■武藤啓「っていうか恋じゃね?」秋田書店プリンセス・コミックス
Tteiuka
武藤さんも女装っこお好きですよね。絵柄は可愛くてよいのですが、ストーリーやシーンの一部にあれ?と思うような描写がいくつか。気持よく読めたとは言いがたい気がします。

■つくも号「魔法が解ける迄」松文館 DIAMOND COMICS
Mahoga
この堂々たる帯。しかし、女装が描かれた作品はちょっとです。全体的にリアルな肉感の男の子が多くて、ボーイズというよりは、ゲイテイスト。

■すがはら竜「彼氏な男の娘」光彩書房光彩コミックス BOYS L
Kareshina
ここにもタイトルに男の娘が登場。収録作品のいくつかに女装が出てきました。ボーイズラブは受けと攻めの関係って大きいんですよね? 私個人は同じパートナーでそれが入れ替わることは無いなーと思ってる(実感してる)んですが、実際はどうなんだろうね。

■宮下キツネ「オトコノ娘スカート」光彩書房光彩コミックス BOYS L
さらにタイトルに「オトコノ娘」。でも、宮下さんだしな。デビュー当初から女装っこを多数描いてらした作家さんです。すんごい可愛い絵で、女装してなくても女の子にしか見えなかったり。

■フクシマハルカ「キミノネイロ」講談社KCなかよし
Kiminoneiro
年末押し詰まってから発売になりました、新男の娘コミック。ヒロインとその想い人は普通の男女ですが、そこに入り込んでくるのが女装っこ。いわば脇役のはずなのに一巻の表紙を占拠しています。トリックスターという言葉がふとよぎります。

この女装コミックがすごい!2010年版【一般コミック編 その1】

……やあもう最初に言ってしまおう。はっきりと「男の娘ブーム」の年でした。2010年。
毎年毎年総括をするたびに、追い風だねーなんて言ってきたのですが、それが最終形態にたどり着いたというか。
正直コミック情報も追いつかないくらいでした。さらに見落としや忘れてるものがあるだろうなあ。

ともあれ、男の娘という言葉はもしかしたら、ある程度一般的な人にまで知られている可能性を感じます。
女装は、もうヤマトタケルの時代から延々と続く文化ですので、新しいものでもなんでもありません。マツコ・デラックスさんや、ミッツ・マングローブさんとやら。あとははるな愛ちゃんもだね。テレビを見ない私でも、きっと彼女たちは活躍しているのだろうと知れるほどにいろんなところで噂を耳にしました。
「男の娘」という言葉には明確な定義がありません。定義しちゃうとたぶん、一気に廃れます。十人十色の世界なのだもの、はみ出したものを「オマエ違う」なんて言い出したら、どんどん離れていくだけですよね。
「女の子が好きすぎて女装しちゃうのが男の娘」って定義をした本がありますが、ちょっとそれからも外れるケースがありそうです。私は、可愛いを目指していさえすれば割とストライクゾーン広めで構えててよいような気がしてるんですが、さて。

そんなわけで、女装コミックも大豊作でした。帯に「男の娘」や、それに類した言葉を記した作品も多数あり、探す手間は省けるものの、リソースを食い尽くしているのでは、という心配も少ししたりして。

昨年と同様順位はつけません。でも、これは重要って作品はあるので、私の主観ではありますが頭に★つけましょうか。

一般コミック部門

【継続連載もの】

★志村貴子「放浪息子」 エンターブレイン BEAMCOMIX
ついにアニメ化も決まった、このジャンルの最高峰(って言っちゃうぞもう)。
お話が進めば進むだけ、読者である私の胸もえぐられるという寸法。最新刊である11巻ではあるシーンで、ひゅっと息を飲んだよ。
アニメも予告動画が切なくて切なくて。たぶん、本放送は見れない。けど、すごく期待しています。
読んでいて息が苦しくなるような切実な「女の子になりたい」コミックが、この作品だけ、というのは、いいのか悪いのか。

★東村アキコ「海月姫」講談社コミックスKiss
各種漫画賞も受賞した乗ってる著者とその作品です。とにかくスピーディで面白い。4巻からが今年ですね。
こちらもアニメ化。ま、当然かも。
ってか、まややさまが金魚屋にまで出てくるとは思わなかったけど。

★塩野干支郎次「ブロッケンブラッド」少年画報社 YoungKingComics
5巻と6巻(表記はローマ数字)が出ています。どんどん見開きが増えている気がします。いや、全然おっけーなんですが。可愛いし。この著者の他の作品や、このタイトルから敬遠している人がいたとしたら、その先入観は捨てましょう。
正直くっだらねーギャグ満載で、桜子ちゃん可愛い~って単純に楽しめる漫画です。

★松本トモキ「プラナスガール」 SQUARE ENIX GC JOKER
Jacket_pranus
ドラマCDにもなってしまったプラナス・ガール。コミックスは2巻と3巻が出ました。最初のうちは割とどっちつかずかなという描写が多かったのですが、2010年12月号の本誌ガンガンJOKERの表紙に描かれた絆ちゃんは、マジ胸なしで(笑)、これで、実は女の子でしたーというオチは無いと確信しました。やっぱね、完結しない限りそうやってちゃぶ台ひっくり返される危険はいつもはらんでいるのです。うん。
相変わらずのいちゃつきっぷりですが、だがそれがいい。ドラマCDももちろん買って聴きましたよ。三人のキャストの声はイメージに近くて悪く無し。絆ちゃんはちょっと可愛すぎかなと思うけど。

★木々「ラブミーテンダー」幻冬舎バーズコミックス ガールズコレクション
一冊が出るペースが遅いのですが、たっぷり読み返す楽しみがある大好きな作品です。今年は6巻が出ました。
女装はテーマじゃないけれど、通奏低音みたいに流れてて、必ず出てきます。ナオさんだけじゃなくてね。ミカちゃんやら、沙英やら。

■井上堅二原作 まったくモー助・夢唄漫画「バカとテストと召喚獣」 角川書店 Kadokawa Comics A
■井上堅二原作 KOIZUMI漫画「バカとテストと召喚獣ぢゃ」角川書店 Kadokawa Comics A

通称「バカテス」もいろんなパターンで手を変え品を変え。性別「秀吉(キャラ名)」というのは、ありそうでなかったね。可愛い外見なのに、語尾に「ぢゃ」とかつけたりするのって、ギャップ萌えなのかしら。

■忍「ヤンデレ彼女」 SQUARE ENIX GC JOKER
Yandere
痛快ヤンキー(?)四コマにもついに女装なシーンが。ちょっとだけですが、以前から読んでた作品に女装っこ出てくると、また「引いて」しまったか、と思います。引きが強い私。

■もりしげ「フダンシズム 腐男子主義」 SQUARE ENIX ヤングガンガンコミックス
おなじみのオタク解説コミック(?)も中学校編が完結です。新たなキャラも出てきて、高校編はまたカオスになりそうな。なんというか、アマネをもう休ませてあげたいような気もしたりしますがw

■おりもとみまな「メイドいんジャパン」 秋田書店 ChampionREDComics
ハイテンションメイドまんがも、無事完結しました。男バレしてからもまた熱い展開で。おもしろかったです。

■宮野ともちか「ゆびさきミルクティー」 白泉社 JETS COMICS
昨年奇跡の復活!と喜んだんですが……。ちょっと思わぬ方向で終わってしまった気がします。だって復活後女装してないんだよ、全然。
あれでいいのかなと思いながらも、ひとまずの大団円。作者さんには最大級のお疲れ様を。

■石川雅之「もやしもん」講談社イブニングKC
こちらは9巻が出ました。イブニング本誌では最近「オマエが言うな」的なツッコミをしたところではありますが、安定した作画と物語で、まだまだおもしろいです。
そういえば昨年のエントリーで、「私は実写ドラマというと、前略ミルクハウスの悪夢を忘れられません。プリンセス・プリンセスはすごく頑張ってたと思うけれど、さて、もやしもんの蛍はどうなるのかなあ。」なんて書きました。
結論はもうご存知ですね。私にとっては悪夢の再来でした。いや、演じた女優さんは頑張ってたと思いますし、そうなることはまあ仕方ないかな、とは思います。ひとつ許せないのは本誌の欄外で編集者さんが「やっぱ○じゃねえ」みたいなことを書いたこと。文脈からすれば、男じゃやっぱりダメだよね、としか読み取れません。これを読者に向けて書いてしまうのは、大変に不用意です。伏字ならいいのかって、そんなわけあるか。

« November 2010 | Main | March 2011 »