April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« この女装コミックがすごい!2009年版【成年コミック編】 | Main | ぷらなすせかんど »

この女装コミックがすごい!2009年版【その他書籍編】

最後は、一般書籍関連です。

オンナノコになりたい、という本が出たのが、2007年。それから続編や他社からの出版も相次ぎ、現在ではあるひとつのジャンルを形成する勢いです。
その中からいくつか。

吉永真悟 菘あつこ「続オトコの娘のための変身ガイド 女声で歌う しぐさで魅せる」遊タイム出版

タイトルにあるように、声の出し方や、しぐさを総合的に研究した本です。メイクについてや洋服の選び方は、前作ですね。かのエリザベスが協力している、というのも大きなポイントでしょうか。

鳥山仁 樺昭子 他「今日からオンナノコ!!」三和出版

新規参入ですが、過去に出版された先達を正しく研究し、一冊にまとめた本とも言えます。


七ノ瀬「女の子の声になろう!」秀和システム

出版社を見て驚いたのは私だけじゃないよね。ともあれ、付属CDと書籍という形での出版形式は、お手の物。
「声」に主眼をおいた編集です。私の大好きなvip店長が出てきてて嬉しかったな。

これらの女の子になるための本は、ある意味、「女の子というもの」を解体分析した本、とも言えます。まずは女子を知り、それを男子の上に乗せていくためにはどうしていけばいいか、という話。
オンナゴコロはとても難しいけれど、女の子が普段どんな苦労をして「キレイ」や「可愛い」を体現しているのか、ということは男子たるもの知っててもいいと思うんです。
でもやってみたらわかると思うけれど、そこにあんまり他社が介在してない可能性もあるんです。もうお化粧やファッションそのものが楽しい!となれば、誰かのために、誰かにウケるために服を選ぶってことは、実はそんなに重要視されていなかったりするのです。

で、じゃあ、男の子がキレイな可愛い女の子になってみました。そしたら、次に、何をしましょう?

まさか、そのアンサーではないと思いますが、こんな本も今年の話題をさらいました。

あぶひゃく「ひとりでできるもん ~オトコのコのためのアナニー入門~」メディアックス

男の子が女の子のように気持ちよくなるためには、実は危険が伴います。本来はそういう器官じゃないところを使うからね。それでもなぜか人間の身体は不思議と、そこでも気持ちよくなれるように作られているのです。
じゃあ、知識を身につけて安全に楽しみましょう、というのは、正しい流れです。
私たち、って言っちゃうけど、つまり女の子に変身した男の子が知識を持っていれば、いざ男の子とえっちすることになっても、少し安心かも、ね。そこをもっとふくらませれば、次は、男の子同士のえっちの仕方を描いた本が出るだろう、と予測ができます。もう誰か書き始めていますか?

さて、これもまた話題になりましたね。

オトコノコ倶楽部 三和出版

くいーんは、「お友達を求める、女装っこのための本」でしたし、ひまわりは「女装っこの女装っこによる女装っこのための本」でした。
この本は、そこら辺をもうちょっと裾野を広げて、女装っこも楽しめ、女装っこが好きな人も楽しめる、女装関連文化を横断した本として企画された……のかなと私は勝手に思っています。
ニューハーフのお姉さん方をグラビアに添えた本は結構古くからありますけどね。女装っことニューハーフってやっぱり違うよ。
寄稿している漫画家さんの作品もハイクオリティなのが嬉しいです。だって、上連雀三平やしのざき嶺、ひねもすのたりですよ。錚々たるメンツですよね。

では最後に。

「季刊エス」1月号「おとこのことおんなのこのあいだ」飛鳥新社

現代的なイラストやコミックの作り手のための本に特集として、女装・男装が選ばれました。女装男装作品紹介のページは、それぞれにバランスがよくて私の知らない作品もあり、よかったです。
もちろん掲載されているイラストは素晴らしいです。

*

そんなわけでお送りいたしました。こうして見てもやっぱり豊作でしたよね、2009年は。
2010年は、女装コミック業界にとってどんな年になるんでしょう。あ、そういえば、プラナスガールがラジオドラマになるとか。もやしもんも実写になるみたい。
私は実写ドラマというと、前略ミルクハウスの悪夢を忘れられません。プリンセス・プリンセスはすごく頑張ってたと思うけれど、さて、もやしもんの蛍はどうなるのかなあ。
私の大好きな、木々のラブミーテンダーの新刊は来年こそ出るかなー。
などなど。
いち読者として、ワクテカしながら待ちたいと思います。

« この女装コミックがすごい!2009年版【成年コミック編】 | Main | ぷらなすせかんど »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

ついったやmixiボイスなどで反響いただきましたー
ありがとー

しかして書き終えた直後からあれも載せてないこれも載せてない、さらには駆け込みの新刊やニュースもありまだまだこのジャンルは活況だねー

またまとめてご紹介いたします

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/47114569

Listed below are links to weblogs that reference この女装コミックがすごい!2009年版【その他書籍編】:

« この女装コミックがすごい!2009年版【成年コミック編】 | Main | ぷらなすせかんど »