April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« February 2009 | Main | April 2009 »

接近戦

接近戦
女子で外出なんぞしておりますと時々一対一で人と話す機会が訪れたりします

お店なんかだとカウンターやレジ越しですのでまあ距離があります
しかし立ち話になったりすると勢い接近戦に持ち込まれます

写真だとほぼわかりませんし少し離れていればまずわからないと思いますが、鼻のしたあたり
女子には生えないムダ毛があるあたり
どうしてもカバーをしています故お化粧厚めです


びびります
とっさに口を手で隠すような仕草になります
…あれ、女子らしいな


声とか匂いとかも気になります
うう
こわいよ


今日もそんな接近戦をいくつか演じました
いつか自信もって戦える日はくるのかな


あれです
ベッドの上だったら速攻明かりをですね……

かわいい産業

今日ふと立ち寄ったショッピングモールに、子供写真館がありました。
よく見るスタジオアリスではなくて、シエルというところ。

チラシがあったのでもらってきたのですけれど、いやあ、衣装がすごい。「可愛い」を過剰に追及していくとこうなっていくんだね。着物がベースでありながら、フリルやレースを取り入れて、もはや「和服」じゃないぐらいに進化している。
この先どこまで行くんだろうね。いや、行けるだけ行けばよい、と思います。GOGO!

私が子供のころには、写真館はありましたが、こんな風に、可愛い衣装のレンタルもして、気軽に撮れるようなところはなかったよ。当たり前か。

でも、もしあったとしたら、複雑な心境だったと思うのです。本当はドレスがいいのに。本当は振袖がいいのに。袴とか王子様風なのも可愛いけれど、私の求める可愛いじゃない。と、言いだせずにうじうじしちゃっただろうな。
そんな話、ランドセルの話でも書いたな。

可愛いを作る仕事は、他にもあって、男性を可愛く仕上げるスタジオも、以前よりずいぶん増えました。そして、渾身の一枚を撮る。よいですよね。そういうの、好きだ。
と言いながら私はそういうスタジオ経験はありません。普通の舞妓変身処は行きましたが。

変身産業は可愛い産業でもあるわけです。美容室なんかもそれに近いところがあるけれど、最新の技を駆使して、新しい可愛いを作っていく。

よいね。私は指をくわえてみてるだけ……で、いいのか。本当はやりたいんじゃないのか、私。と、自問自答。

うん、やりたいに決まっているだろうw 今年はどこかでやるかっ
誰か、つきあえっw

わたしににあういろ

わたしににあういろ
とあるアンケート
ピンクが似合う芸能人は?
の、一位はパー子さんではなく、はるな愛さんでした
五位には椿姫さんもいて、ああピンクって女子の記号なんだなと改めて思いました


赤やピンクを身につけるときは気合いが必要です
なぜだろう
不思議と昔からです


町で目立ちたくないという思いが先立ち、つい地味な色を選んでしまいます
自分にピンクが似合うのかどうか自信もあまりないです


思い込みなんだろなとは思うけどこの殻はなかなか固いみたいです

家に頂き物のペア食器があります
誰も見てなくても必ず小さめで赤系統のものを使います
意地というか
気概というか

« February 2009 | Main | April 2009 »