April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« November 2005 | Main | January 2006 »

まいなす

■12月7日(水)
日中、ボランティアの方々との会合を終了後、タイヤの入れ替えをし、郡山に向けて出発。
ホテルで、N社長と面会。気さくな関西弁の方。明日からの仕事は、寒さと雪とボリュームとの戦いかな、とぼんやり思う。ホテルは立体駐車場。
■12月8日(木)
N社長を乗せて現場へ。かなり山深い。N社長の指示で次々に流れができていく。さすがの手際だが、私がそれを把握しないといけないのに、やや理解が遅れ気味。N社長を市役所まで送り、ホテルへ。
■12月9日(金)
早めに到着し、作業を進める。かなり順調。このペースで行ければ次週水曜には終われるか。週末は仕事が無いので、作業終了後、仙台まで下道で行く。ホテルはやはり立体駐車場。荷物の上げ下ろしがゆっくりできないので好きではない。
■12月10日(土)
一日利用の上限が定められているコインパークに車を置き、フリー切符を購入。電車でスタンプや切符を集めに行く。途中雪が降り出す。コンビニで傘を購入。……車の中にあるのに。
■12月11日(日)
昨日電車で通ったルートをなぞりつつ、車でやはりスタンプ収集。石巻市内は、全体が萬画で彩られており、想像以上に面白かった。街中でのスタンプラリーの様子をコネタにできないかと考える。途中、携帯電話でサーバに届いているメールをチェック。会社用のアカウントに、訃報というサブジェクトのメールがある。しかし、.docファイルの添付のみなので、確認できず。
ホテルに戻り、ネットワークに接続。ダウンロードし、ファイルを開く。どなたかお母様かお父様でも亡くなられたのか、という私の予測は大きく裏切られる。
Nさん。
大きな身体で、ラーメンの丼を片手で持って食べるような方だ。享年の文字で、私と同い年だったことを知る。9月に私が横浜で仕事をしたときのリーダーだ。
先日会社に行ったとき、彼が不在だったので椅子を借りた。そのまま打ち合わせに夢中になってしまい、彼が戻ってきたことに気づかなかった。そして「Hさーん、椅子ちょーっといいですかー?」と言われて初めて気づき、すみませーん、と言って、彼に返した。
まさかそんな他愛も無い会話が最後になるなんて、想像できるはずが無いだろう。
■12月12日(月)
メールやら電話やらで会社と連絡。あまり仕事に身が入らない。まだ会社に顔を出せば、彼がいるような気がしてならない。
■12月13日(火)
在庫のチェックが終了し、差分の登録作業に入ったが、思っていた以上に手間取る。古いものが多くて、登録作業に時間がかかるのだ。時間の配分がわからなくなってくる。
■12月14日(水)
結局金曜まで作業はかかると読み、その旨を各所に伝える。私もかなり注力して、データ登録を行う。
ホテルに戻ると、旧友からメールが来ていた。彼女は、時々他愛もないメールをよこす高校時代の同級生。30歳になったら結婚しようか、なんてよくある約束をしたのに、とっとと先にいきやがった。かわいい子どももいる。そのメールには、「弟が亡くなった」と書いてあった。
確か2歳違いだから、まだ30そこそこ。理由は聞き返せなかった。彼はWebサイトもやっており、一部では有名だったようだ。サイトへの来訪者へ連絡がとれるかな? という相談に、乗れるから帰ったらまた連絡して、と伝える。
■12月15日(木)
担当者が遅れてくる。普段からぽやっとした感じの若い女性なのだが、今日はいつにも増してぼーっとしている。「車で事故っちゃったんです。」
少し肩や首が痛いという。いいから早く病院に行って下さい、こちらはなんとでもします、と言うのが精一杯。
何が起きてるんだよ、私の周りで。
■12月16日(金)
予約ミスで一日足りなかったホテルの代わりに、別のホテルから出発。朝食が無いので近くのコンビニでパンを買う。車の中で食べつつ、リモートメールチェック。私の受講生さんから「びっくりしました」というサブジェクトのメール。
11月に行った講座の担当者が亡くなったんだそうですよ、という内容。
目が、そこに書かれている文字をちゃんと読まない。
脳が、そこに書かれている文字をちゃんと理解しない。
おかしいだろう、どうなってんだよ、と私は車の中で叫んだ。
なんだそれ、とも言った。ぜんぜん理解できないのだ。
今週係りっきりになっている現場は携帯の電波が届きにくい。当然自宅に来ているファックスなども読めない。もしかしたら私に連絡をくれてるのかもしれない。
そんなこともあいまって、私は取り残されているような気分になる。
それでも仕事は終わらせねばならない。車を現場に向ける。やがて峠が見えてくる。気温は「-3」だ。

-3か。

……そういうことはすぐに結びつく。嫌な脳みそだ。
予定より2時間ほど早く作業を終了。挨拶をして現場を出た。待っていたかのように私を頭痛が襲ってきた。
ドラッグストアがある町まで車を走らせ、ナロンエースを購入。
ホテルに入り、風呂に入る。ネットでくだらない話を読み、笑う。あまりにもいつもどおり。
近しかった人がもういない、ということは、「現実」より「想像すること」に近い。毎日会っていた人ではないので、単にご無沙汰しているだけのような気がする。
もう二度と会えないのだ、ということを受け入れるには、時間がかかるのだ。少しずつ少しずつ私はその現実を理解していくのだろう。
やっぱりくだらない話に笑い、食事をし、眠りながら。

« November 2005 | Main | January 2006 »