April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« March 2005 | Main | May 2005 »

愛知万博Fetish【2】

ゼンタイのおねえさんたち?

残念ながら、内臓が無いのです。オブジェ。でも、どきっとしたよ。
イタリア館内だったかな。てか、かなり露骨にゼンタイだよねえ、これ。20050415_107

愛知万博Fetish【1】

ロボねえさん。

予備知識なく、このお姉さんを目の当たりにして、私はここから動けなくなっちゃったよ。
まばたきは当然のこと、ずっと少しずつ動いてるんだな。
ショーが始まると、しゃべるわ腕は動かすわ。やー、すごい。
オリエント工業製? と思わずつぶやいてしまいそうになる、このお肌はもうロボットって感じじゃないよ。
衣装も可愛いし、もう、すっかり私はこのお姉さんの虜に……。
あっ、名前聞いてくるの忘れたっ。20050415_0261

ライトノベルで

イラストの無い作品が出版される。

http://www.mediaworks.co.jp/users_s/d_hp/new/next.php
電撃文庫の次月新刊案内中段、御影瑛路著、僕らはどこにも開かない

このところ、ライトノベルと呼ばれる、コミックと小説の中間を埋めるような作品群(語弊あるかな……)が注目されています。とはいえ、こういう小説って昔からあったし、私も書いたり読んだりしたものです。
もっとも、私は、舞台が現代日本じゃないとイマイチ入り込めない体質みたいで、読める作品が極端に減ってしまったりするのですが。
ただ、ここ数年、なんぼなんでも濫発しすぎじゃないのかな、と思うくらいにたくさんの作品が出版されているんですよね。中には相当面白そうなモノもあって、気になるんだけど、結局手を出しそびれてそのまま、ってな感じの私ですよ。
こういう作品群にとって、重要なのは、作品の内容もそうだけれど、やはし挿絵でしょう。新刊案内には、著者とともに、挿絵画家が併記されてるくらいだもんね。ジャケ買いならぬイラスト買いってのは普通のことでしょう。この人が絵を描いてるから読む、とか。
それを全然悪いことじゃないし、ひとつの形だよなあとは思うのです。

で、だ。そのイラストが無い作品が出るのです。これはうまいタイミングというか、戦略として唸らされました。
内容は少々ヘヴィーな感じで、この黒い装丁に相応しい感じ。
「売り」である絵を削ったということはセールスポイントが半分になったということ。それでもそれで押し切るというのだから、気になります。

さっきも書いたけれど、私ね、もう何年もこの手の作品から離れています。この本の著者のことも全然知りません。
でも、読んでみようかなと思ったですよ。

しちょうそんの形

平成の大合併も大きな波は過ぎたのかな。4/1付けでどどっと合併して、随分すっきりしちゃいました。
自分の収集物などの整理のため、Excelでデータベースを作っているのですが、ひとまずようやく現状に追いつきました。
以前はなんとなく覚えていた自治体の名称もいまや役立たず。新しい町の名前や、位置関係など、さっぱりわかりません。
ので、のんびりまた覚えなおすかー、と市町村の境界を記した地図を眺めていたのですが。

すごい形になっちゃってるね。

変な形のパズルみたいで、今までみたいに主要道路や線路、そして等高線などから境界線が推測できない。
青森県五所川原市は、大きな飛び地が出来ちゃったし。
長野県松本市は、もちを伸ばしたみたいになったし。
新潟県妙高市と上越市の境界は、ぐっと手を握り合っているように見えるし。
岐阜県関市は、翼を広げたような形になっているし。

上記の町がそうだとは言わないけれど、揉め事が目に見えるような形は、やっぱり嫌だよね。
将来に大きくかかわる話なんだから、一時のメンツで決めちゃったりしないで欲しいなあ。

帰って来たよ

向こうでは雪がふったり、氷点下になったりしていたのに、こっちに帰って来たら桜満開。
なんだか、プロセスをふっとばしちゃったみたいで、キモチワルイぞ。

花粉なんですが、旅の後半になるにしたがって、少しずつ楽にはなっていました。それでも激しくくしゃみしたり、鼻水ずるずる出たりはしていたんですけれど。
で、こちらに来てみたら、そりゃあひどいことに。

向こうで買ったものや集めたものをまとめて小包にして、送っちゃったのですが、それがそろそろ届くかな。
それを整理しつつ、余韻に浸るのです。

人体実験

北海道と沖縄には
杉花粉が無いらしい

では普段花粉症で悩む人がそこに行くとどうなるのか
結論
まったく変わらず鼻水とかゆみに悩まされます_| ̄|〇

あくまで杉花粉が無いってだけで他の要因だと、なんらかわりがないからなのかなあ
夜中に上あごが痒くて、たっぷりたまった鼻水で目が覚めます
てか今もそれで目が覚めて使用済みティッシュの山を築き、ひと段落したのでこうして書いているのですが
なかなか甘くないなあ

ここは北の町

既に別サイトなどで書きまくっているのでご存知の向きも多いかと思いますが
今私は北海道にいます
なんというか一日が高密度で、来てまだ二日目とは思えない感じ
宿や食事に贅沢をせず、収集ブツにばかりチカラを注ぐといういつものパターン
しかし欲しいものや行きたい場所がありすぎて、たっぷり日程をとったつもりでも全然足りない…
明日は久しぶりの友人と会う予定
てかこんなところで会うって不思議じゃの
前は近所だったのに(笑)

« March 2005 | Main | May 2005 »