April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« February 2005 | Main | April 2005 »

すかーとって

スカートはどんな衣類か(デイリーポータルZ)

そうそう(笑) そうなんよね。感想にいちいち納得。
奈々ちゃんが日記で書いていた
「たぶんわたしもだれかにやらせたがっているんだよな。」
にも、激しく納得。

以前2chのログを集めたサイトで見たのだけれど、

671 名前:Mr.名無しさん[] 投稿日:04/04/27 06:35
女子高生たち。
パンツを見られても平気なのかな?
じゃあ、何で風が強い日に手でスカートをおさえるの?

672 名前:Mr.名無しさん[sage] 投稿日:04/04/27 08:13
恥ずかしいんじゃなくてかっこわるいんだよ、パンツ見えると。
俺たちもパンツ見られても平気だけど、股間のチャック開けたまま歩くのはイヤだろ?
それと同じじゃね?

ああああ、わかるわかるわかる。これも素晴らしく納得だ。

***

えー、かくいう私ですが、ここしばらくスカートで外出していない気がします。
こないだ髪を切りにいったときは、パンツ+スカートでしたし。
春だし。軽やかにおでかけなぞしてみたいぞ。

まあ、でも、鼻水ぐしゅとか言いながら、パステルでひらひらなお洋服ででかけてもな。

だめだったか

北海道の銀河線廃止を決定

沿線人口に限りがあるので、無理もない、と言ってしまえばそれまでなんだけれど。
全長140キロ。かなり長い鉄道で、これをバス化したとすると、それ以上に時間がかかってしまうし、乗り心地はよくなくなるし。
もっとも、常に全線乗っていた人などはいないのだろうから、よいのかもしれないけれど。
ここは私、一度だけ乗りました。でも、ちゃんと切符収集や駅の訪問をしていないのです。今年の夏に行きたいな。行けるかな。


今月で、日立電鉄、のと鉄道能登線、名古屋鉄道の600V区間と軒並み廃止されるというのに。いつまでたっても、ローカル鉄道の減りがやまないな。
高齢化社会にとって、絶対的に優しい乗り物なのになあ……。

神事って

バカにできないなあ……。

とぴっくす:お粥試しは「地震に注意」 /佐賀

為念:この記事の更新は、3/16。地震が発生したのは、3/20。

ドラえもんの新刊

なんとなく、私が読まなくなったというだけで、ずっと出続けていたような気がするドラえもんの単行本。
実際には、9年前に45巻が出て以来止まっていたのですね。
9年前といえば……、藤子・F・不二雄氏の没年(1996年9月23日)以来ということになるのかな。

ドラえもんプラス第一巻発売

未収録作品集ってことみたい。
私は確か30巻くらいまでは買っていたような気がする。で、その後いつの間にかどこかに行ってしまった。他の漫画はみんな家にあるのに、ドラえもんをはじめ、藤子作品だけ行方不明。まとめて誰かにあげちゃったんだっけなあ。

オフィシャルで書いてあることなんだけど、てんとう虫コミックスを、てんコミって略すの、馴染めないな。

世代交代

ワカメちゃんの声交代へ フジ系の「サザエさん」

理由が書かれていないことが気になります。もっとももう35年も続いてるアニメですので、言うまでも無いこと、なんだろうなあ。
私も子供時分、アニメをよく見ていた頃は、藤子不二雄さんが亡くなったらどうなるんだろう、とか、ドラえもんの声の人はロボットじゃないから、いつかはいなくなるのにどうするんだろう、と心配したものでした。
(結果として藤子Fさんが亡くなったときは、悲しかったけれど、冷静に理解する年齢にはなっておりました。)

サザエさんのように、少しずつ交替していくケースとは別に、ドラえもんは、一挙に変えるようですね。
ニュースなどでは発表されていませんが、既にネット上には情報が出回っています。

ドラえもん : 水田わさび
のび太 : 大原めぐみ
しずか : かかずゆみ
スネ夫 : 関智一
ジャイアン : 木村昂

だ、そうで。私は声優さんなどまったく詳しくないので、全然声が想像できないのですが。
ジャイアンの中の人、14歳なんだって? でも写真見ても一番年上に見える(笑)

新生ドラは、一度くらい見てみようかな。あ、でもウチ今、テレビアンテナ引っこ抜いてあるんだよな……。

春になると

春になると、おニャン子クラブの「じゃあね」が頭の中に流れ始める。

そんなに熱心なファンだったわけではない。なんとなくぼうっと「夕にゃん」は見ていたけれど。
当時私は高校生。なんとなく自分の性別に違和感を感じていて、男性ホルモンのせいで醜く(自分ではそう思うのさ)変形していく身体に抗うすべをもたず、絶望的な気分を抱えながら、日々バンドに明け暮れていた頃、かな。
テレビに出ていた「おニャン子」のみんなは、田舎の高校生からすればやっぱり遠い存在で、決して隣のお姉さんのようではなかった。
熱心に出るレコード出るレコードを買いあさる友人を横目に、私はぼんやりとテレビを眺めていただけだ。

そんなある日、テレビから「じゃあね」が流れてきた。
私の音楽の趣味とは違っていたけれど、軽快なメロディに、明確な未来を見据えた詞が乗り、ああ、悪くないな、と感じた。その気持ちが今でも持続してるってわけじゃないけれど、なんとなく春になると、思い出す。

で、ですね。
私はそんなに熱心な「おニャン子」ファンではなかった……のですが、メンバーの一人、河合その子さんがですね。好きだったのですよ。なんでだろうなあ。あのストレートロングヘアが、ひばりくんや涼音くんとリンクしたのかな(笑)

学校の帰り道、いつものように中古レコード屋でテクノやフュージョンのレコードをあさっていたのですが、ふとシングルのコーナーを見たら、タダみたいな値段で、おニャン子関連のレコードがたくさんあって。
レンタルのシールがあったので、納得ではあったのですが、そのジャケット写真のためだけでもいいや、と数枚河合その子さんのレコードを買ったのです。
早速聴いてみたのだけれど、うーん、やっぱり音的には満足が出来ない……。
でも、一曲。「青いスタスィオン」のカップリング曲、「さよならは言わないで」が、悪くなかったのです。
「じゃあね」的な、春のお別れの歌です。詞も曲も、派手じゃないけれど、しんみりする。バックのコーラスを「おニャン子」のメンバーが担当し、実際このレコードは、河合その子のおニャン子卒業記念のものだったわけで。
ああ、いいじゃない。「さよならは言わない」のは、また逢えるから、だね。
これはよいなあ、と思っていると、曲が終わりに差し掛かりました。
曲がフェイドアウトしつつ、そこにバスが去っていくSEがかぶさります。
そのとき、私の耳に衝撃的なセリフが聴こえてきたのです。
メンバー全員がハモりつつ、こう言ったのです。

「さようなら~」

台無しだよ。何を聞いてやがったんだオマエラは。
まさに、_| ̄|○ な気分だったなあ。

……と、いう話も、春になると思い出すのです。ああ、しょうもない。

ついに廃止 東の川簡易郵便局

03

2/28付けの官報に掲載されたようです。
訂正:2/28付けで、郵政公社HPに掲載されました。

17/04/01廃止 東の川簡易
  639-3704 奈良県吉野郡上北山村西原1161-1
(引継:上北山 639-3799 奈良県吉野郡上北山村河合357-1)

一時閉鎖ではなく、廃止。
日本に二箇所しかない、そして、壮絶な秘境に存在する簡易郵便局がついに無くなってしまいます。
あうー、ショックだ。いつかはこんな日がくることはわかっていたけれど。

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091092650890.html

の記事にも書いたけれど、私、行ったけれど営業時間に間に合ってないのだ。
あと一ヶ月。いけるかな。いきたいな。

« February 2005 | Main | April 2005 »