November 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« メモ | Main | アルビノ »

呪術師……?

女子選手、実は男でした=「薬が切れた」と弁明-ジンバブエ

……というニュースを見て、「えーっ! 性別詐称で逮捕ってのは、ちょっとどうなの?」と思っていたのですが、他の記事をあたってみて、だんだん「???」になってきました。
この時事通信の記事には、続きがあるようで、

性別詐称は女性の友人が、服を脱いだシトレ選手の全身を見て発見し、警察に通報。同選手は女性であると主張したが、医師の検査で男性と確認された。本人は「地元の医師が女性になれる薬草を処方したが、薬代を払いきれなかったため、最近男に戻った」などと言明している。

……薬草?

さらに、x51.orgによれば、

サムケリソ・シトレさん(17)はこれまで、自分があくまでも女性であることを主張し、その理由として、「生まれたときは男性器と女性器を両方兼ね備えて生まれたが、地元の呪術医に頼んでペニスを失くしてもらった。しかしその時に十分な代金を支払わなかった為、最近になって再びペニスが生えてきた」、と、法廷で述べている。

法廷で。はぁ。
もちろん、先日のメモに書いたように、生まれつき両性を「具有」しているケースは、ありえる。
でも、その場合は、呪術医じゃなくて、普通のお医者さんがよいと思うよ。
続き。

更に彼女は、次回公判が予定される3月3日に備え、これから呪術医に未払い分のお金を支払う予定であるとし、公判が始まる頃には再びペニスが消えることを予告しているという。

お金でペニスが出たり引っ込んだりするんなら、トランスな悩みはとってもシンプルになるかもしれないねえ。
私にその呪術医、紹介してくれないかしら(笑)

しかし。
このシトレちゃん。陸上選手として成功するためにウソをついたのだとしたら、アウト。
でも、本当にそう信じきっていたのだとしたら、とてもフクザツな話になるなあ。
ただ、記事の中でも翻訳がぶれているのか、肝心なところが揺らいでるよね。

最初の時事通信の記事には、
地元の医師が女性になれる薬草を処方したが
とある。前提として、両性具有で生まれてきたのかどうか、が抜け落ちてるんだけど……。
そこ、結構重要よね?

(これ、カテゴリはニュースでいいのかなあ……)

« メモ | Main | アルビノ »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/2881955

Listed below are links to weblogs that reference 呪術師……?:

« メモ | Main | アルビノ »