January 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 新札ファーストコンタクト【1,000円編】 | Main | 32年ぶりの祝い事 »

リニアモーターの矢

先日、中央高速道河口湖線を走行していたときのこと。
都留市内にある、JR東海リニアモーターカーの実験線が見えてきた。
以前見学センターに訪れたことはある。ただ、運転時間外だったので、走っている姿を見ることは無かった。

改めてその立派な橋梁を眺め、ああ、ここをリニアモーターカーが走っているんだなあ、高速道路を走りながらそれに遭遇するとしたら、ものすごい確率だろうなあ、と思った瞬間だった。

右方向から左方向に向かって、白い矢のようなものが駆け抜けた。
時間にして1秒に満たない。音も無い。本当に私はそれを見たのか? と自問自答するくらいに一瞬。

見た。見てしまった。そのとてつもない偶然で、リニアモーターカーが走行している姿を見てしまった。

私は、怖くなった。
天文学的ともいえる偶然が、ではない。それは単なる「運のよさ」で片付く話だ。
……その速度が。

もはや人間が乗るモノの速度を超えてるよ。想像のレベルを数段凌駕してる。
テレビやサンプル映像で見るのとは違う。
あんな恐ろしいものに、人が乗るの? 本当に? うへー。

……きっと、今から40年前。東海道新幹線が開業する前にもこんなことを思った人たちはいたんだろうな。
今はじめて、その人たちの気持ちを理解しました。うん。

ところで、万博にあわせて、愛知県でリニアモーターカーの営業線の建設が進められている。
Linimoという愛称が付けられている「愛知高速交通 東部丘陵線」で、藤が丘から万博八草までの8.9キロ。
こちらは「HSST」と呼ばれる仕組みで、JR東海のソレとは、実は全然違う。
JR東海の高速リニアモーターカーは、超電導磁石による浮上式。こちらHSSTは常電導磁石による吸引式であり、車体重量で沈むのを下部から吸引して浮上させるのだそうで。最高速度は200キロ前後なんだって。
詳しくはこちら

利点はそれぞれにあるのだけれど、HSSTが実用化に向けては一歩リードした形。ちょっとびっくりなのが、トヨタが絡んでるってことで。今までに無かった鉄道事業と自動車産業を融合させる実験場でもあるのかな。

万博には行くつもりだし、新しい乗り物は基本的に好きなので、乗りたいと思う。こちらはわくわくするんだけれど、JRのアレはまだ私の中のどこかが怖がってる。
あの矢のはやさは、頭から離れないよぅ。

« 新札ファーストコンタクト【1,000円編】 | Main | 32年ぶりの祝い事 »

「コネタ」カテゴリの記事

Comments

リニアモーターカー実験線といえば宮崎県日向市!という自分はやはり古すぎるのでしょうか(笑)。やはり金丸さんの力だなぁと感じたものです(爆)。
HSSTは、以前、日本航空がどこかの博覧会でデモンストレーションをやっていたようです。1980年の「朝日少年理科年鑑」で読んだ記憶が。

いまちょっと調べてみたら、JALのデモンストレーションはつくばの科学万博で行われた、とのこと。自分が読んだのは、その前に川崎市で行われた実験走行のことらしい…。

HSSTのデモは記憶にあるなあ。確かにつくばだった気がする。
JRのリニアは、誰も知らないであろう「こうふ博」に展示してありました。走らないからちいともそのすごさがわかんなかったのですが。

HSSTは東名古屋港に実験線があるんですが、ほとんどジェットコースターみたいでした。勾配に強いことを実証するためだったのでしょう。

まったく車体の映像は出てこなかったのですが、1989年にオンエアされたJR東海・リニアエクスプレスのCFが印象に残っています。「小学生のころ、1日は、もっと長かったと思う。」ではじまるナレーションはしっかりとおぼえているなぁ(録画していたりもしますが)。
このCFでは「西暦2000年 リニア・エクスプレス。東京−大阪1時間」って言ってましたねぇ…。

つくばのHSST、乗った事ありますですよ。
小さな頃の事なので、詳細は全く覚えてませんけど。
そいえば、中国のドイツ製リニアが常伝導でしたよね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/1978900

Listed below are links to weblogs that reference リニアモーターの矢:

« 新札ファーストコンタクト【1,000円編】 | Main | 32年ぶりの祝い事 »