April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ぺたんぷでつづる取材旅行【4】 | Main | リニアモーターの矢 »

新札ファーストコンタクト【1,000円編】

[場所]
埼玉県秩父市西武秩父駅仲見世商店街

[時間]
午前9時半ごろ

[状況]
西武秩父線開通35周年の地酒を購入時、おつりの中に混じっておりました。

第一印象はやっぱりおもちゃっぽーい、ってこと。
新しいお金が出たときの宿命なんですけれど。まだ目や身体がそれを新しいお金だと認識していないからなんでしょうね。
しかし、現行の1000円札と大きさも同じならば、色の雰囲気も似ている。マイナーチェンジって感じですね。

さあ、5,000円編と10,000円編はいつエントリできるかな?

« ぺたんぷでつづる取材旅行【4】 | Main | リニアモーターの矢 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

自分が最初に「おつり」としてもらったのは5000円札。11日、福岡空港の中のレストランでのこと。「顔がのっぺりとしていてちょっと気持ち悪い」という評判がありましたが自分もそう思いました。
機械では使えないところも多いだろうなと、石垣島に到着後すぐに使ったのですが、その後ふたたび新5000円札でおつりをもらってしまいました(爆)。

それよりも、「いまごろなぜ?」と思ったのが、今月に入ってATMで引き出した旧10000円札に、まだ折り目の少ない「大蔵省印刷局」の黒ナンバー(つまり、マイクロ文字が入る前)のものがあったこと。どこかに在庫が残っていたのでしょうか。

さっそく偽札が出てきたのは「見なれないうちに」という考えなのでしょうかねぇ。うーん。

会社でジュースを飲もうと思ったら小銭(含む千円札)が無い。そこで両替というワケじゃないけどATMに。
そして出てきたのはオール新札・・・。
当然ジュースの自販機で使えるわけも無く、喉の渇きを我慢して自分の席に。まだ珍しい新札(当然ピン札)を同僚にひとしきり自慢した後に
「誰か1000円貸してください・・・」
これが私のファーストコンタクト。
※5000円はまだ

てか、大蔵省かどうかとか、チェックしてる早瀬さんリスペクト。
で、
> さっそく偽札が出てきたのは「見なれないうちに」という考えなのでしょうかねぇ。

は、まさにそうだと思ったよ。なめんな(笑)

コマさん、その話、すげえ面白い(笑)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/1973767

Listed below are links to weblogs that reference 新札ファーストコンタクト【1,000円編】:

« ぺたんぷでつづる取材旅行【4】 | Main | リニアモーターの矢 »