November 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« きたかわべ | Main | 全国金魚すくい選手権大会 »

秘境郵便局へ行こう!

言うまでも無く、牛山隆信さんの秘境駅探訪記「秘境駅へ行こう!」からいただいているのですが。

駅ならば、線路があります。線路はある程度山に登ることもできますし、海の下をくぐることもできます。だけど、限度があるし、必ず、どこか別の線路とつながっています。
郵便局は、点です。日本中のあちこちに、くまなく打たれた点です。都会の真ん中にはたくさんの点がありますし、北のはずれ、南の島、富士山の頂上、昭和基地(!)と、人のいるところ、取りこぼさぬよう打たれた点です。郵便局の位置だけを点で表示した地図がもしあったら、日本列島の形が、およそわかるはずです。
総数25,000弱。中には、巨大な局もあれば、民家の片隅でやっているような局もあり、それこそ千差万別。しかし、サービスの内容は法律で定められ、多少の違いはあれど、大差はありません(つまり50円で南極までハガキを出すことが可能なのです)。

だからこそ郵便局めぐり、という趣味があり、マニアもたくさんいるわけです。
私もその楽しさ、あやしさ、奥深さに魅せられた一人であることは、イマサラ言わなくてもいいよね。

旅行貯金という趣味がある、ということは知っていたのだけれど、それがどういうものか、どうやってはじめたらいいのか、を知ったのは随分後になってからでした。今思えば惜しいことをしたなあ。
出遅れたがゆえ、変なプライドもあって、「駅」と局名に入ったところでしか貯金はしない、と決めてスタートしたため、だんだん欲が出てきた今でもそれは変えていません。
最近になって、風景印だけでなく、和文印の面白さにもはまってきました。そうか、必ず固有の消印があるというのならば、全部回る価値もあるよなあ、ぶつぶつ……。

さて、タイトルの件。
人口がある程度まとまれば、集落ができ、やがて郵便局が必要となり、生まれます。そのまとまりの単位に決まりは無く、地元の要望なども考えられて、設置されるわけです。
と、なると、スゴイところ、に設置された郵便局というのも、でてくるんですね。
例えば、富士山頂郵便局は、文字通り富士山の山頂にあります。他にも白馬山頂、白山山頂、立山山頂、乗鞍山頂とかね。
離島にだって郵便局はあります。母島や、青ヶ島、鹿児島県の三島村などなど。瀬戸内海や長崎県の小さな島々にだって郵便局はあるのです。

面白そうだよね……。

というわけで、どうせめぐるのならば、面白いところに行きたい。「えっ、こんなところに!?」と驚くような場所にある郵便局を訪れてみたい。
そう考えるようになり、あれこれネットで探してみたり、人から聞いてみたり。
秩父鉱山簡易郵便局と、東の川簡易郵便局への旅については、別名義ですが、Excite Bitに書きました。よかったら、そちらも見てね。

私の秘境郵便局への旅は始まったばかりです。
どこそこはスゴイ山奥だぞー、とか、○○局って民家の玄関先が郵便局なんだよ、とか、「秘境」に限らず「えっ、こんなところに郵便局が!?」をキーワードに、渋い局の情報など、お待ちしております。
いや、離島とかすぐに行けないけどさ。近場から。少しずつ行ってみたいと思います。

« きたかわべ | Main | 全国金魚すくい選手権大会 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

確か「もう1局の」オフライン局は山形にあったと思ったが,あそこはなんでオフ局のままなんだろう?
マニアのためにわざと?(をい(笑))

何で知ってるんだ……。>山形
的場簡易局がオフラインの理由は、複合的なもので、「利用客が少ない」「統合計画がある」「業務内容の見直しをする計画がある」とかなんとか、そんな理由だったかと。
どっちかというとマニアのため、を標榜しているのは、東の川かな(だって、通常利用客はいないんだし)。
的場はJA委託なので、郵便は片手間なのですなあ。

はじめまして!
ここには「ココログル」を使ってたどりつきました。
検索キーワードは「風景印」です…(^^;

>風景印だけでなく、和文印の面白さにもはまってきました。
最近ではインク浸透式のシャチハタ和文印が増えてきていますが、昔ながらの金属印の和文印は味がありますよねー。
僕は「~内」局や、分局を中心に和文印は収集しています。

「秘境郵便局へ行こう!」 続編を楽しみにしてます!

わあい!
産むがヤスシ。さん、はじめましてー!
うれしいな。

風景印ももちろん収集していますよー。
Excite Bitにも記事を過去に書きましたので、よろしければごらんくださいませねー。

悩ましいことに、金属の槌型印の方が味わい深くていいんですけれど、どちらが鮮明かと言われると浸透式だったりして。局名がはっきり読み取れることが重要なので、どちらにしますか? と言われたときには、鮮明なほうで、と答えております。

次の秘境はどこかなあ。ひとんちの庭みたいな郵便局とか、行ってみたいです(笑)

テリトリーから外れるのに妙に浪漫を感じる(^^ゞ
「秘境」という響きのせいかな。「こ、こんなところに
郵便局が~!」というのはトレジャーハンティングの
趣かな。山奥のお宝発見と。山頂郵便局は涼しそう
でいいですわね。

自分は、徒歩or自転車でまわることが多いので、「秘境」というような場所にはあまり行ってません。それなりに過疎地の局はままありますが…。
「農家の土間に窓口」というのは鮎帰簡易局(71705)。ここが自分が行った中ではもっとも印象に残ったところかなぁ。あと、天草や島原半島の簡易局などもなかなかに味があるものでした。
「さいはての地」というようなところでは、与那国局久部良分室や波照間局に行きましたが、このあたりはそう行きづらい場所ではないですね。

定期開設局、いちおう熊本にもあります。阿蘇山頂局がそうなのですが、1979年に噴火して(死者も出た)、その翌年に「当分の間」一時閉鎖ということになってしまいました。再開されるのはいつのことやら。九州産交のロープウェイ乗り場のところにあったようです。

> りなりん
でしょ? ね、ロマンよねえ。うっとり。
ただ、落石注意の看板は、割と真剣に見るようになります(笑)

> 早瀬さん
鮎帰簡易郵便局、すげえー行ってみたいです。ネットで写真探してみたけれど見当たりませんでした。
そういえば熊本って郵便局多いんですよね。行政区域単位で熊本市がもっとも郵便局が多かったような。
阿蘇山頂は、長年一時閉鎖が続いていますが、実質廃止みたいですね。私は阿蘇のロープウェイ、ガスのため乗れなかったんですけど。

秘境郵便局としては南極昭和基地内郵便局、東南アジア青年の船内郵便局が有名ですが他にも、世界青年の船内郵便局、南極観測船しらせ内郵便局、ときわ・きりしま・たかなみ・みょうこう・はるな・とわだ・さみだれ・ひえい・あけぼの・はまな・こんごう・ありあけ各船内にも郵便局がありますよ。

おおお。
実は、ご指摘を受けるであろうことは、予測していました。といっても、「南極にもありまっせ~」ってツッコミかな、という予測であり、ここまで詳細に漏れなくしていただけるとは。恐縮でございます。
各船&基地ともに、一般客は使えないという規定は確か無かったかなと。船には乗れる人を限定する決まりがあると思われますけれど、郵便局としては一般客を退ける理由は無いみたいだなあと思っていました。
有名どころは、毎年出航前に記念押印受付の案内が出ますよね。私も昨年、昭和基地やしらせについてお願いしてみました。
やはり、80円で封筒が届いちゃうって、すんごいですよね。
あ、別に、封筒が凍ったりはしていませんでした(アタリマエだ)

ときわ以降の船については、実はちゃんと調べて記録しておらず、こんなにあったのかー! とびっくりです。ありがとうございましたー。

「母島」で検索したらたどりつきました。風景印集め、実は私も旅行先でやっていたりします。母島の郵便局は何回か行ったことありますよ。JA委託の郵便局で、わりと最近まで風景印がなかったのだけど、2~3年前にできました。世界でも、母島とその周辺の小さな無人島にしか生息していない「メグロ」という鳥がデザインしてあります。母島は秘境といえるかもしれないけれど、母島郵便局に秘境ムードはありません(笑)。

やや、yamaさんはじめまして。ようこそ~。

母島の郵便局は、アコガレです。基本的に、私いわゆる離島というのは、佐渡島しか行ったことがないのです。
今日も図書館で、講談社が今年の7月に出した、「島 日本編」という本を借りてきて、眺めていました。いいないいな。

秘境というのとはまた別に、JA委託の郵便局ってなんだか面白いですよね。
どっからどうみてもJAのカウンタなんだけど、すみっこにこっそり「○○簡易郵便局」なんて書かれていたりして。統廃合も進んでいるみたいなので、ちょっと積極的に回ったほうがいいのかなーなんて思っている昨今です。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/1210656

Listed below are links to weblogs that reference 秘境郵便局へ行こう!:

» 今日の風景印 [diary 案ずるよりも産むがヤスシ。]
こんなカンジになるのを若干もくろんでいたりします(笑) 先日帰省した折に押印して [Read More]

« きたかわべ | Main | 全国金魚すくい選手権大会 »