October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« トランス系時事ネタ(2004/07/19) | Main | サルベージ・フェア【1】 »

サルベージ・フェア【0】

実家には、ささやかながら庭があり、そこに物置が建っている。
コンクリート製の割と堅牢な作りで、中には古い農具などさまざまなモノが詰め込まれている。
その上に、書庫を作ろうということになったのは、私が一人暮らしを始めた後ぐらいだったか。
知り合いの伝で大工さんにお願いし、作りつけの書棚までつけて、およそ四畳半程度のささやかな書庫は完成した。
はじめのうちは、綺麗にジャンルわけして、本を丁寧に並べていた。日差しによって背表紙が焼けてしまうのを恐れて、カーテンで覆ったりもした。
しかし、本は増え続け、やがて整理をしなくなり、床に未整理の本が散乱し、私の本だけではなく、父や母の本も詰め込まれるようになっていった。
何せ風を通さないので、暑い。中での長時間の作業など、真夏には自殺行為だ。それでも私はこの夏、扉を開いてみた。いくつか探している本があったというのと、「ど、どうなっちゃったかな、中は」という興味からだ。
サイワイなことに、スゴイことになったりはしていなかった。虫の死骸が散らばっていたり、本の汚れ、背表紙の日焼けが進行していたりはしたけれど、それはもう仕方のないことであって。
もはや私自身、どこに何を差し込んだのか、記憶が薄れている。そこで、本棚の写真を撮ってみた。

fig.01images/sal_tana01

fig.02images/sal_tana02

fig.03images/sal_tana03

並んでいる本は、一部を除いて私が大学時代までに読んだ本ばかりだ。
恥ずかしい本もあるけど、まあ、いいや、もうこの際(笑)

ここから今の私にとって、気になる存在を何冊かピックアップし、持ち帰ってきた。
何回かシリーズにわけて、紹介してみようかなと思っております。

« トランス系時事ネタ(2004/07/19) | Main | サルベージ・フェア【1】 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

ざっと見たところ
「ざ、ちぇんじ!」
「チューリップほしい!」
「ミスターマドンナ」
「姫太郎」
が該当作(?)ですね(^^;
「解剖学」医学書?が気になる、、

えへへー。いや、じっくり見ていただくと、まだまだ「該当作」があるかと思います。
細切れで、長い連載のはずなのに、1,2冊しかないやつは、該当巻だけがあるのだと思ってまず間違いないです(笑)
解剖学の本は、学生時代に知っとこうと思って読んだのですが、あの写真で見てほしかったというか、「気づくかな?」と思っていたのは、その隣の、山崎俊夫なのでした。うっふっふっふ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/1011850

Listed below are links to weblogs that reference サルベージ・フェア【0】:

« トランス系時事ネタ(2004/07/19) | Main | サルベージ・フェア【1】 »