January 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« カエルマーチで行こう! 【6】 | Main | ツメが甘いぞ、平田! »

このCDのコピーコントロールは……

私にとって、「戸田誠司」は、「Shi-Shonen」ではなく「FAIR CHILD」からだった。

いまどきの青少年には信じてもらえないかもしれないけれど、毎号「ソノシート」がついた音楽雑誌があった。
「キープル KEYPLE」
テクノ少年少女にとって、身近であり憧れの存在であるミュージシャンを多く扱った、キーボーディスト向け……というよりは、テクノ、打ち込み、宅録を対象とした雑誌の走りだったような気がする。
そこで、「Shi-Shonen」は知った。確か広告があったんだと思うけれど。あと、同時期なのは「URBAN DANCE」かな。森岡賢ちゃんですよ。きゃー(誰もついてこない)。
……で、結局リアルタイムで聴くことはなかった、Shi-Shonenにいた、戸田誠司という人が、FAIR CHILDというバンドを始めたことは知っていたし、ぽろぽろと評判は漏れ聞こえてきていた。
FAIR CHILDは知ってるよね? ほら、最近はすっかりテレビタレントになっているYOUがVOCALをやっていたバンド。可愛かったんだよ。ね、嘆きの健康優良児とか、知ってる? 完顔阿骨打じゃないぞ(もはや、全員おいてけぼり)。
そのFAIR CHILDも、YOUいわく、「ギター担当があたまおかしくなって、ベース担当をギターで殴って解散し」たそうで(笑) 今でも時々聴くよ。

その(殴られた)戸田さんが約10年ぶりのソロアルバムを出す。その話を最初に聞いたときは、へーそうなんだ、くらいにしか思っていなかったのだけれど、あちこちの音楽系ニュースサイトの記事を読んで、俄然興味を増した。
CD EXTRA仕様となっていて、もちろん、CCCDではない。それどころか、そのEXTRAのトラックには、全曲のmp3が高音質(192kbps!)で入っていて、readme.txtには、こう書いてあるそうです。

> Copy control of this CD would be up to you.
> このCDのコピーコントロールはあなたのハートにある。

くうっ。たまんねえっ。カッコよすぎる。
そうですよ、そのとおり。で、ご本人の公式サイトに行ってみたら、あれこれ視聴できたので、片っ端から聴いて見る。あー、これは、よいかもしれない。

↑のセリフにしびれたご祝儀として、買おうかなーと思っております。

実家にまだ、何冊か、キープルあるかな。橋本一子のソノシートとか、ひょっとして高値になる?(笑)

« カエルマーチで行こう! 【6】 | Main | ツメが甘いぞ、平田! »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

……てゆーかですね、これ書いてからですね、またあれこれ検索してみていたんですけれど。
REAL FISHって、フュージョンバンドなんですか?? アルバム解説みたいなページみたら、作詞がいないし。インストなの?
なのに、私が知らないっつーのは、アレですよね。やばいですね。とか言ったところで、これは入手難だろうなあ。困った困った。
と、小声で。

毎号ではありませんが、自分は「テッチー」(カタカナで書くとなんだかマヌケ)を買ってました。これもソノシートがついていた…かな?

フェアチャイルドはいまもよく聴きます。「YOURS」の帯には「アイドルに飽きたコ、寄っといで。」なんてというコピーもありましたね。(さすがにYOUが「江原由紀子」のころは知らないけど)

それにしても、YOUはもう歌わないのかなぁ。「二回目のキス」はよく口ずさむくらい好きな曲なのになぁ。

CDの複製に関することでは、葛生千夏のアルバムの帯に「個人使用による複製は法律で許諾されています」という表記があったのをおぼえています。「うわぁ」って思いましたよ。

完顔阿骨打のほうだけ分かったあたしは終わってるんでしょうか?

Real Fishはインストバンドだったけど,フュージョン系ではなかったよーな…….実家にはまだアルバム(所有していたのは「4 - when the world was young -」だけだが)あるかも知れない(やっぱり小声)
しかし戸田誠司のソロプロダクトですか.購入必須だわ….やること違うぜ誠ちゃん(近しいよ>あたし)

いやー,CHARTとPOP IND'Sを教科書に育ったあたしには嬉しいネタですわ(苦笑)

「テッチー」(音楽之友社)、物置から引っぱりだしてきました。こちらもしっかりとソノシートがついておりますねぇ。
表紙にはShi-Shonenはもちろん、松浦雅也や佐伯健三(漢字で書くとなんだかすごい)などの文字が踊っています。

そういえば、戸田誠司といえば、早瀬優香子「ポリエステル」も思い出すのでした。

当時は、私も中学生とか高校生で、音源にそんなにお金をかけられなかったんですよね。当たり前ですが。CDも高かったし。
なのでこういうソノシートとかありがたかった記憶があります。FMもよく聴いた。うん。

kab.の日吉をmp3化しようとして、cd2wavに放り込んだとき、いつもはデジタルコピー欄がみんな「禁止」なのに、一曲だけ「許可」になっていたのを覚えております。すげえ、と思ったですよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/782878

Listed below are links to weblogs that reference このCDのコピーコントロールは……:

« カエルマーチで行こう! 【6】 | Main | ツメが甘いぞ、平田! »