January 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 脱退と解散と引退と | Main | カエルマーチで行こう! 【1】 »

カタログと小さなフィギュアたち

買っちゃったよ、「海洋堂大博覧会公式ガイド 進め海洋堂」(ワールドフォトプレス)→bk1
ので、高島屋の海洋堂大博覧会には多分行かないと思います。
私にとってカタログとは、収集の指針であることのみならず、それそのものへの愛着があるわけで。
これを眺めているだけで、もう充分。おなかいっぱいだー。
や。もちろん、カタログなど写真で見るのと現物を見るのは違う。特にこれらは美術品なのだから生で見るべきだ、なんていうご意見ももっともだと思います。わかる。わかるけれど、都内に住んでいるわけでも勤務しているわけでもないので、ね。人ごみって、消耗するんだよう。

モノを収集するコレクタには、二種類いる。
カタログを元に、カタログどおりに揃えていくタイプと、自分でかき集めた品でカタログを作ってしまうタイプだ。
私はどちらかといえば、カタログどおりに揃えるほうかもしれない。もちろん、綺麗に二分できるわけではなく、そういった要素を何対何持っているか、なんだけれど。

はてさて。
私が海洋堂の小さなフィギュアに惹かれるのは、そのクオリティはもちろんのこと、題材のセレクトにある。
だいたい、ザラビクニンなんて深海生物知らなかったよ。アリスもそのシーンを選ぶか~って感じだし。
アニマテイルズシリーズは多すぎて手を出していないし、戦車はわからない。恐竜やアニメにもココロが動かない、ということで、気になるものは、「それ以外」ってことになるけれど。
やっぱり、深海生物とか、海の生き物シリーズは熱いなあ。かなり好き。コカコーラも、アリスも、ペンギンも秀逸でした。ぽつぽつと抜けはあるものの、しっかり我が家にありまする。

モノを集めるのって、難儀な習性だ。根っからのコレクタなので、揃わないと非常に気分が悪い。
思ったものを買えるわけではないので、お金もかかっちゃうし。お友達と交換するのがよいよね。うん。そのシリーズはまだ買ってないから、ちちやすどの。しばし待たれよ(笑)
まあ、いろいろとぶーぶー言いつつも、翻弄されるのだろうな。たぶん、ずっと。

(ちなみに。私の部屋を見回しても、こうしたフィギュアの、影も形もありません。飾ってないから。しまってあるから。ビニール袋に入れて。うふふふ(病気だ))

« 脱退と解散と引退と | Main | カエルマーチで行こう! 【1】 »

「趣味」カテゴリの記事

Comments

Nande daka, Kazukichi kara "collector netsu" wo utsusareru koto ga ooi no yone. Kore wa atashi no hito ni eikyou sare tari, urayama-shiku omottari shiyasui shuusei ni yoru mono nanda kedo ne(w

Finland official no 2004nen ban Euro coin set to, sono mae ni ryuutsuu shite ita Finland markka no 1996nen ban coin set ni tewo dashite shimai mashita. EUR25 to EUR 22 de, kanari waridaka dewa ari. '80 nendai no motto furui markka set mo aru no dakedo, kiri ga nakunaru node, jichou.

トラックバックさんきゅーっす。わーい。
きちんとエッセイというか、まとまった質・量の文章になっているところが流石かずきちくんなのだわ。

わたしの場合、集める過程が楽しくて、むきになってかけずり回っては集めるのでしたが、
揃ってしまうと熱が失われることが多いです。コレクタ気質じゃないんだろうなあ。
集まったものも大抵しまったままで、気に入ったものだけ、
会社のデスクの上なんかに観葉植物と一緒に飾っておきます。

今回はコンプリート困難なのが目に見えているので苦悩しているところです。スタートダッシュが肝心ですよ。

なんか知らぬ間にリンクされてをる(^^;;
おくればせながら、ブログ開設おめでたう。

カタログを元に揃えていくのと、かき集めた品でカタログを作るのがコレクタの基本であるのなら、「たった一品欲しいものを手に入れるために、いらん重複品を山ほど溜め込むわたし」は、やはりコレクタではないんだろうなぁ(笑

海洋堂のセレクトの仕方は、確かに面白いと思います。
たいして詳しくしらなくても、なんか買っちゃうのよねぇ。

あずみちゃん:そもそも私に感化されるということは、自分自身に種を持っていたのです。私は単なる触媒です。なんちて。
コインの世界は奥深いです。しかも世界になると。
EUROはまだ新しいコインだから、「まだ間に合う」ともいえると思います(笑)
ちちどの:あ、でも私も揃ってしまった後は、綺麗に梱包してしまっちゃうことが多いかも。集め終わるまでは情報収集やらなにやら必死だけど。ひょっとして同じだな(笑)
ただ、観葉植物と一緒に飾るというのが、羨ましい。フィギュアとうまく付き合ってる気がする。
今回のは、とりあえず「アジアアロワナ」でしょう(笑) それ以外なら江ノ島水族館で買えるわけで。
みけちゃん:すみませーん。ひょっこりアンテナ貼ってしまいました。
いらん重複品の話は、日記で読んでいて、ある意味これは才能ぞ。と思ったですよ。
あ、でも私もひばりくんフィギュアを出そうと必死になっていたとき、梶くんばーっかり出た(笑)

ふっふっふ。アジアアロワナ、2個でましたわよ。
自分で出す楽しみというのももちろんあると思いますが、
もしものときにはちゃんととっておきますので、どうぞ
ご安心くださいませね。

あーミノカサゴーハリセンボンー。と言いつつ今日も買う。

ミノカサゴ出た~♪
アジアアロワナでないので、ちょっと唾付け。えへへ。
こちらでは、ミナミゾウアザラシとツマグロがダブっておりますだ。(4/9 21:30現在)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/411135

Listed below are links to weblogs that reference カタログと小さなフィギュアたち:

« 脱退と解散と引退と | Main | カエルマーチで行こう! 【1】 »