May 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ミッションコンプリート | Main | まちのふうけい 06 »

サックスと嘘とビデオテープ

菊地成孔氏の「DEGUSTATION A JAZZ」をようやく購入。あんまりいいCDプレイヤじゃないのが残念だけれど、かけっぱなしにしています。

私にとってJAZZは、未知の音楽ではない。けれど、じっくり味わった音楽でも無い。
YMOで音楽に目覚め、そのままCASIOPEAなどのFUSION方面に走った私は、インストゥルメンタル音楽ばかりを聴いてきた。その多くは、TECHNOかFUSIONだったけれど、時々JAZZ畑出身ミュージシャンの音楽も聴いてきた。ただ、その程度だ。
インプロヴィゼーションがあって、楽曲そのものよりも、プレイヤの演奏に耳を傾ける形式は、かなりそこに漬かりこまないと理解できないような気がしていたし、若い頃ってどうしても、メロディーがガーンと! リズムがトリッキィ! なんていうわかりやすーい音楽を求めちゃったりするんだよね。
しかし、私も年を重ねるにしたがって、そうしたわかりやすい音楽に食傷気味になってきた。もう少し、ライフスタイルにしみこんでくるような、BGMほど背景ではなく、ROCKやPOPSほど厚かましくない音楽を期待したとき、AMBIENTやJAZZが浮上してきた。
聴き込めば聴き込むほど味わいがあるけれど、かけっぱなしにしていても耳に馴染む。

スーパーなんかに流れている安っぽいBGMと、実は楽器の組み合わせや、音楽的構造は似通っていたりする。インストと聞くとそういうイメージを持つ人がいるのも理解できる。
でもねー、全然違うんだよ。
プロのミュージシャンの凄みって、その人自身を演奏に投影できること、だと思うのだけれど。楽曲を読み下した上で、ね。
特にSAXは、生の息遣いがそのまま音になる。その人がどんな呼吸をしているのか、がわかってしまう恐ろしい楽器だ。
伊東たけしのSAXは、やんちゃだ。悪ガキなんだけど、スナオで、熱くいいヤツ。ガキ大将的。
土岐英史のSAXは、とにかくアダルトだ。音色がピンク色だと言ってもいい。官能的過ぎて少々スケベにも聴こえる。
そして、菊地成孔のSAXは、神経症的だ。彼の言葉と同じで、散漫で飛びまくるんだけれど、一本筋が通っていて、聴き終えたあとに、ほうっと感嘆のため息が出る。
すげえ、とついつぶやいてしまう。

お奨めします。

あ、タイトルに意味なし。

« ミッションコンプリート | Main | まちのふうけい 06 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/460013

Listed below are links to weblogs that reference サックスと嘘とビデオテープ:

« ミッションコンプリート | Main | まちのふうけい 06 »