November 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« カエルマーチで行こう! 【2】 | Main | 新江ノ島水族館への誘い、その後 »

境界線の話【2】

小田急電鉄「柿生」駅から「玉川学園前」駅までの間、何回県都境を越えるだろうか、というクイズがある。
答えはこの地図の通り。えーと、ひとつ、ふたつ、みっつ……、たくさん(笑)
そもそも町田市が東京都になった経緯というのもなかなかに複雑らしい。同様に、都道府県境について、あれこれと変遷があったり、揉めたりしたケースって、全国各地にある。
今回の「平成の大合併」において、県境を越えて合併が決定した自治体として長野県の山口村が挙げられる。いったい、都道府県って何だろう? という疑問も浮かんでくる。
そこらへんを掘り下げるのも面白いけれど、もう少し県境にまつわるあれこれを見てみましょうか。

SAMPOYA逸品堂というコレクション展示日記において、飯豊山周辺について教えていただいた。明らかに山自体、山形・新潟・福島にまたがっているのだけれど、登山道と頂上は福島県にかなり無理やり押し込められている。→地図

・和歌山県の北山村は、同県にある他の自治体と一切接していない。つまり完全なる飛び地。これ、知ったが随分遅いワタクシ。このあたり、いろいろと面白そうです。行ってみたい(地図で見ると、熊野川町の飛び地なんてもありますね~)。
県境をまたいだ飛び地は、他にもいくつかあると思います。この辺も、以前逸品堂で話題になりました。

・探せばいくつも見つかるのかもしれませんが、以前飯田線沿いに車を走らせていたときに、三県分境地、つまり県境ではなく、三県が接する「」のあたりを通過しました。とは言え地図で見てもわかりますが、川の真ん中。何かがあった、わけではありませんでした。

こういう無駄知識が子供の頃から好きでねぇ(笑)
というわけで、今回はただ漠然と並べてみました。

境界線の話【1】にたくさんの興味深いコメントをありがとう。今回の境界線の話は「旅行・地域」カテゴリだったけれど、今度は別のカテゴリの境界線について書きたいと思っております。

« カエルマーチで行こう! 【2】 | Main | 新江ノ島水族館への誘い、その後 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

県境ではなく市町境の話ですが、高速道路にやっと市町村の境界をあらわす小さな(50cmくらい?)標識がつきはじめたころのこと。久留米市と広川町の境界の標識が、数十メートルおきに7つほど交互に並んでいたのをおぼえています。標識の設置方法については国土交通省がガイドラインを出しているのですが、こういう入り組んだところは、最初に境界をまたがるところに表示するだけでよいことになっているのですよね。どうしてあんなにたくさん設置してあったのやら。あと、熊本県の境界標識(現在は「ようこそ熊本へ」と書かれているだけ)の下には「県境 150m手前」という、これまた小さな(30cmくらい?)標識がこっそりとつけてあるのでした。

そういえば、境界未定地域というのもけっこう多いですよね。鹿児島県と宮崎県の境界未定部分はけっこう大きいし、宮崎県と熊本県、熊本県と大分県のあいだにも境界未定部分があります。さらに、以前は福岡県と熊本県のあいだにも境界未定部分があったし、こうしてみると未定部分だらけ。山の中で、境界を決めなくても支障があまり出ないところ、埋め立てによって境界の決まらないところができ、税金の取り合いで裁判になったところなどさまざまですが、こういう部分も「境界ってなんだろう」と感じるものですね。

千代田区と中央区の境界も、川を埋めてしまったためにわからなくなってしまったんですよね…。

ところで、「コメント本文」のフィールドに直接文字を入力しようとすると、どうして文字化けするんだろう…(エディタで書いて貼りつけてるのですが、それでも文字化けして、ちゃんと入ったかどうか不安になります)。

標識設置のガイドライン、知りませんでした。まぁ、存在するとは思っていましたが、なるほど。
通常の市町村境の標識もあったりなかったりですね。国道464号線をほぼ毎日使っていますが、船橋市だけがしっかり看板をつけています。

境界未定地域といえばやはり富士山頂を思い出します。よく冗談で、富士山の所有について山梨県民と静岡県民が主張しあったりしますけれど。
元山梨県民の私としては、ホンネはどっちでもいいんです。ただそれによって、相手側に優位に立たれるのは、嫌かな(笑)
十和田湖周辺については、昨年決着がつきましたよね。

えっと、文字化けですが、原因はちょっと不明です。ひとまずちゃんと入っておりますよー。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26372/427976

Listed below are links to weblogs that reference 境界線の話【2】:

« カエルマーチで行こう! 【2】 | Main | 新江ノ島水族館への誘い、その後 »